柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。国際放映、テレビ朝日とは一切関係がありません。

子役

教室205号を見て

昨日、かかかかさんから頂いた情報を元に東京国立近代美術館フィルムセンターへ行き『教室205号』を見てきました。映像が思っていたよりも綺麗で、とても37年前の物とは思えず、大切に扱われてきたんだなと思いました。母親の死と父親の再婚にひねくれてしま…

明子の行方

『俺はあばれはっちゃく』で明子を演じていた明子役の小宮山京子さんの現在が分かりました。なんと、1年前に5代目長太郎こと酒井一圭さんと対談していました。既に読んでいて知ってる人もいるかもしれないですが、小宮山さんは最初、ヒトミちゃん役の候補だ…

5、6歳の吉田友紀さん

今、時代劇専門チャンネルで「荒野の素浪人」を見終りました。三船敏郎さんが演じる素浪人は旅先で困っている人をあっさり助けるのではなく、当事者自身が自分達自身の問題として立ち上がり、立ち向かって行く時に手助けしてくれる人物で、それが、とてもか…

変な感じ

「気まぐれ本格派」で共演されている吉田さんと秋野さんは「気まぐれ本格派」が始まる直前まで放送されていた「すぐやる一家青春記」でも共演されています。この作品には同じく「気まぐれ本格派」に出演した花沢徳衛さんも出演しています。「気まぐれ本格派…

男性ファン女性ファン

ブログを書いていて感じた事ですが、「俺はあばれはっちゃく」のファンって男性が多いような気がします。私がブログを通して知りあったファンの方や他のサイトやブログ等で目にするファンの方で男性が目につくからかもしれませんが、私が思っていた以上に男…

お煎餅と新ちゃん(ちょこっと阿万里)

「気まぐれ本格派」の新ちゃんはお煎餅を食べる事が多かったです。その食べ方がいちいち可愛いんです。特に第16話で両手で御煎餅を食べている時。他に第20話で道夫に勉強を教えた後で、ボリボリと音を立てて煎餅を食べる場面も面白くて可愛いです。20話では…

思い

石立鉄男さんのファンの方が石立さんが亡くなられた時、石立さんが共演者の間で浮いていなかったかという事を酷く心配されて、でも、山口いづみさんのブログを読んでそれが杞憂だった事を知って安心した事をサイトの中で書かれていました。それを、山口さん…

童顔

年をとると顔の表情筋が弛んで目尻が下がり、頬や口元が垂れ下がって「老け顔」になると、最近読んだ本「いくつになってもモテる人の習慣」を読んで知りました。その本には歌舞伎役者が顔の表情を目いっぱい使って喜怒哀楽を表現し、これが表情筋を鍛える事…

出演したドラマ・時代劇

フジテレビの昼ドラと言えば13時半から始まる30分間の昼ドラ。私が小学生、中学生の時は長期の休みの時(春休み、夏休み、冬休み)にTBSの花王愛の劇場と共に見ていました。フジの方がドロドロしていて、TBSの方がほのぼのとしていたようなドラマが多かった…

ビンタされた4代目

私は爆笑問題の深夜に放送しているラジオを聴いているのですが、昨日は聞き逃してしまったので今ポッドキャストで昨日(というか日付的には今日)の番組の一部を聴いています。ツイッターの方で放送を聴いていた人達がツイートしていた内容も気になって聴い…

お箸の持ち方

「俺はあばれはっちゃく」「すぐやる一家青春記」「気まぐれ本格派」を見ていて思った事ですが、食事の場面で吉田友紀さんがお箸を使っているのを見る度に、あの箸の持ち方では、食べ物を掴みにくいんじゃないかなと思うのです。「気まぐれ本格派」第3話の夕…

見た目と年齢

「俺はあばれはっちゃく」第16話にゲスト出演した文太役の上野郁巳さんが1977年に公開された映画「はだしのゲン」にゲンの弟役で出演されていた事を知りました(上野さんはゲンの弟の進次とその進次と瓜二つの隆太の一人二役を演じています)この映画では「…

私が好きな吉田友紀さん

「お姉ちゃんが好きなのは小学生の時の吉田友紀さんでしょう?」 妹の言葉に完全に否定できなかった私。確かに私が一番好きな時代の吉田友紀さんは小学生の時と言いきってもいいかもしれない。(だからといって成長した吉田さんが嫌いと言う訳ではないけれど…

続けるきっかけ

現在放映中のドラマで私が気に入って見ているドラマの一つが「おひさま」です。この間の休みの時にそのまま見ていたら、「あさイチ」にゲストでそのヒロインの井上真央さんが出ていたので、そのまま「あさイチ」を見ていました。井上真央さんは子役出身の女…

憎々しい顔から晴れやかな顔へ

少しだけ一段落したので、ちょっとだけ更新。「それ行け!カッチン」第27話に登場した吉田友紀さんが演じたキヨシ君は最初は本当に見るからに意地悪そうな顔をしていて、顔を見るだけで憎たらしいと感じる男の子でした。吉田友紀さんが大好きな私が「ああ、…

コスプレ

吉田さんが一番ドラマの中でコスプレをしていたのは、やはり「俺はあばれはっちゃく」のアバンタイトルの中が一番だと思うのですが、それ以外のドラマの中でも結構していますね。「サイバーコップ」での女装もあれもコスプレの一つに入るのかなぁ。「タイガ…

意地悪そうな顔をしているでしょ?

これは「男!あばれはっちゃく」で洋子さんが隼人さんの事を長太郎に教えた時に言った言葉です。この時の隼人さんが吉田友紀さん、長太郎が栗又厚さんでした。確かに洋子さんと隼人さんの出会い方は最悪でこれはそう言われても仕方がないなと思ってしまいま…

吉田友紀さんと上野郁巳さん

「俺はあばれはっちゃく」第16話にゲスト出演した上野さんは「それ行け!カッチン」第25話に金田哲夫役で出演しその演技がスタッフに受けその後最終回まで、主人公カッチンの同級生として(第28話まで)出演しています。(上野さんの演じた哲夫君のモデルは…

二人の銀座

山内賢さんは1966年に和泉雅子さんと『二人の銀座』を歌っています。これは、元はお二人が出演した映画「二人の銀座」の主題歌でした。山内さんと和泉さんは日活で二人のコンビでよく映画に出演されていました。ちなみにこの映画『二人の銀座』の監督は『あ…

わが子は他人

「わが子は他人」を紹介されているサイトを見ながら、ああ、この作品を見てみたいと何度思ったか。2007年にホームドラマチャンネルで放送されていた時にどうして見てなかったのか。全く悔やまれる。「わが子は他人」は1974年に放送された木下恵介アワーの最…

子供の為のドラマ

私が子供頃は「俺はあばれはっちゃく」に代表されるように、特撮でもアニメでもない子供を対象とした30分程度の児童ドラマが沢山放送されていて、私はそうした作品が好きでした。石森先生原作の「がんばれ!ロボコン」や「ペットントン」等を放送していた東…

同じ表情

『気まぐれ本格派』第33話で新ちゃんは一貫に一喝されます。(この時、一貫が新ちゃんを一喝したのは新ちゃんが新ちゃんを捨てた実の父親からの贈り物を手に取ろうとした為で、この時点で新ちゃんはまだ自分の実の父親の存在を知らず、更にその贈り物がその…

俺はあばれはっちゃくに出演した子役達

『俺はあばれはっちゃく』子役出演者 昨年からコツコツと調べていた『俺はあばれはっちゃく』(1979年2月~1980年3月)全話の出演者リストがようやく纏まった。(いや、去年の4月に第41回までやって途中で力尽きて放置していた続きを今日したのですが) 出演…

通勤方法

とろろいもさんのところであばれはっちゃくファンブログ吉田さんと葺本さんが駅で待ち合わせをして撮影現場に行った事を書き込み、とろろいもさんから「てっきり、車で送り迎えされていると思ってました」という返信を頂きました。吉田さん達が当時どのよう…

友紀

私は昔、吉田さんの名前が読めませんでした。一番最初に吉田さんの名前を見た時「ゆき」と読み、男の子だから「ゆき」はないよなぁ、じゃあ「ともき」?それとも「ゆうき」?だろうか…と考えながら、なんだかしっくりこないなと思っていました。だいぶ経って…

迷う時期

実際に演じていた栗又厚さんが本当に出来なかったかどうかまでは分かりませんが、2代目長太郎は初代長太郎と違って、少なくとも水泳とスケートは苦手で出来ませんでした。2代目長太郎は金槌で泳ぎは得意ではなく、第73話で初代長太郎役だった吉田友紀さん演…

矛盾

『俺はあばれはっちゃく』第39話でヒトミちゃんが芸能界デビューする話があり、母ちゃんの言葉を発端にして、母ちゃんとてるほ、父ちゃんの会話が始まる。 「モデルっていいお金とるんだろ?」 「それりゃ、売れっ子になれば凄いんじゃないの?」 「羨ましい…

対照的

児童ドラマとして代表的な『ケンちゃん』シリーズと『あばれはっちゃく』シリーズそのシリーズのそれぞれ初代主役を演じた初代ケンちゃん役の宮脇康之さんと初代長太郎役の吉田友紀さん。私はこの二人に対してそれぞれ対照的な印象を持っています。 私は初代…

お父さんっ子

『気まぐれ本格派』の新ちゃんはお父さんっ子だったのかなと思う。利昌さんが交通事故で死んで誰よりも一番悲しみ、その原因を作った一貫を一時期激しく嫌っていたのは新ちゃんだった。新ちゃんは大好きなお父さんが一貫のせいで死んだ事を恨み、一貫に対し…

児童ドラマ

私がまだ幼稚園か小学校低学年くらいの頃には児童文学を元にした児童を主人公にした児童ドラマが多く放送されていました。そうした作品の中で今でも心に残っている作品があります。かつて、5年前にもその作品については書いたのですが、この作品、多分、見た…