柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。国際放映、テレビ朝日とは一切関係がありません。

有頂天

昨日「THE 有頂天ホテル」を見てきました。見たい映画はあっても最近は中々映画館まで見に行かなくなっていたのですが、今回は13年ぶりに映画館へ足を運びました。13年前に見たのが「学校」で西田敏行さんが出てましたが、奇しくも「有頂天」にも西田さんが出ていたのが個人的に感慨深かったですね。

戸田さんと原田さんが綺麗だったなぁ。あと、ギターを背負った客室係りが可愛かった。女優さんが可愛くて綺麗な映画でした。

それぞれがそちらとこちらで起きていることと直接関与していないが、同じ空間にいる為にちょっとだけ接点があって何気ない別の場所の人物の行動が他に影響を微妙に与えている大きな出来事はなく、短い時間の些細な登場人物たちの微妙な変化が面白おかしく見られてとても楽しかったです。その点でチュンソフトのゲーム「街」に近い感じがしましたね。終わりが近づくのが寂しく感じる映画でした。






以下ネタばれ含む感想です。




笑ったのが白塗り支配人(伊東四郎)。白塗りの顔というよりその間抜けな行動に笑いました。支配人なのに子供みたいでホテルをウロウロ迷子になるのが可笑しかった。他には、どうしても「謹賀新年」を大きくかけない筆耕係り(オダギリジョー)「道具のせいにしたくないけれど、道具が・・・」という彼に新堂さん(役所)が持ってきたのがサンタ。首がくるっと回った瞬間に笑いました。一度、追い出されたコールガールのヨーコ(篠原涼子)がホテルに戻ってくる場面も、片言の日本語しか喋れなくなった客室係りのハナ(松たか子)も、クネクネ(角野卓三)も、屋上で寒いのに格好つけている武藤田(佐藤浩市)その横ですまして電気ストーブを持っている場面も面白かった。最後の相島さんの登場も嬉しかったし、その後車を誘導する武藤田(佐藤浩市)も可愛かったです。
ところで、ハナ(松たか子)がなりすました社長(津川雅彦)の愛人って誰なんだろう、いつ出るんだろうと思っていたので、只野(香取慎吾)が徳川(西田)に幼馴染(麻生久美子)をフルネームで紹介した場面と、その後に交通事故にあった社長を診察した医者が廊下で待っていたハナの名前を尋ね社長の息子(近藤)が言った愛人のフルネームが同じだった時には、「えっ!既にその姿を見せていたのか!」と驚いてしまいました。さらにホテル探偵蔵人(石井)さんの指摘で、無関係に思えたあの盗難騒ぎがちゃんと話に関係してたのに気づいて二度驚きました。
とにかく、登場人物たちがかっこいいように見えて皆少しかっこ悪かったけれど可愛くいとおしく思える映画でした。もう一度見に行きたいなぁ。