柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。国際放映、テレビ朝日とは一切関係がありません。

長太郎の愛称

長太郎の愛称

Wikipediaの『あばれはっちゃく』の項目を見ていて気になったことがあります。

長太郎の映像作品での愛称が「桜間くん」「はっちゃく」と記述されていたことです。

「はっちゃく」の方はいいのですが、長太郎が特に親しい友人達から「桜間くん」と呼ばれているのを私は耳にしたことがありません。

ヒトミちゃんも公一も、正彦も、恵子ちゃんも明子や小百合達が長太郎を呼ぶときは「長太郎君」です。

これは、2代目、3代目、4代目、5代目も同じで、時々怒ったり、男の子の友達の場合は「長太郎」と呼び捨てにすることはありましたが、初代では35話「泣け!優等生マル秘作戦」で長太郎の裏切りに対して正彦が

「長太郎が裏切ったんだ!」 

 と呼び捨てにしていますが、基本的には苗字ではなく、名前に君づけで呼んでいました。

このWikipediaの間違いは、10年前にテレビ朝日の『大胆MAP』の最終回でよゐこ濱口優さんが子どもの頃に憧れ、会いたい人として『あばれはっちゃく』の出演者に会いたいという企画で、初代長太郎役の吉田友紀さん、初代ヒロインひとみちゃん役の早瀬優香子さん、全シリーズ先生役の山内賢さん、2代目長太郎役の栗又厚さんに会った時に、早瀬優香子さんが先に来ていた長太郎の格好をした濱口さんと吉田さんに声をかけた時に、

「はっちゃく君」 

 と声をかけたのが理由にあるのだろうか?と思ったのですが、早瀬さんは「桜間くん」とは呼んでいないので、Wikipediaの「桜間くん」はどこから出てきたのか私には分かりません。

映像作品での愛称は「桜間くん」「はっちゃく」 

 とありますが、映像作品、テレビシリーズ、DVDを見ていればありえないことだからです。

父ちゃんの方はドラマでは正彦の父親の会社の部下という設定なので(この長太郎のライバルに相当する同級生の男の子の親がとうちゃんの上司設定になるのはシリーズの定番になっていきました)正彦の父親から「桜間くん」と呼ばれていましたが、この父ちゃんを「桜間くん」と呼ぶのを長太郎の愛称だと勘違いされたか、2代目からは長太郎が転校生になるので、まだ同級生達と仲良くなる前の印象で苗字で呼んでいた印象があったのか?それでも、「桜間くん」を映像作品での愛称として記述するのは、ドラマの『あばれはっちゃく』のテレビシリーズもDVDを見ていないで書いたのではないか?と思ってしまいました。

長太郎の愛称が「桜間くん」で間違いないと思われる方はいますか?

私の見落としでしょうか?