柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。国際放映、テレビ朝日とは一切関係がありません。

俺はあばれはっちゃく26話の出演者について

26話にゲスト出演した方の、情報が少し分かりましたので、紹介します。あわせて、俺はあばれはっちゃくに出演した子役達 - 柿の葉日記「俺はあばれはっちゃく」に出演した人達 - 柿の葉日記も一部更新しています。


まず、青果市場に登場してきたおじさん。キャストの年齢から考えて、加藤茂雄さんだと思われます。画像検索すると、加藤さんは26話のおじさんと似ています。加藤さんは、1925年6月16日生まれ。ご存命であれば、今年で91歳になります。1950年に東宝に入社。1954年に東宝専属となり、1972年契約解消後は漁師を営みながら、舞台を中心に活動されているそうです。黒澤明監督の『生きる(1952年)』などに出演されていました。


26話に公一をいじめていた男の子達がいましたが、その中で、ゴロウを演じていたのが大谷輝彦さんです。大谷輝彦さんは『花よめは16歳(1979年)』に主役甘田ミチ(演:清水由貴子さん)の10歳の弟正一役で出演し、『サンキュー先生(1980年)』にも、山口役で出演されています。上の写真は左が『俺はあばれはっちゃく』26話に登場した時の大谷さんで、右が『サンキュー先生』7話に出演した大谷さんです。

また、ゴロウと一緒にいじめていた男の子のうち、誰かはは不明ですが、熊谷誠二さんも26話に出演されています。熊谷さんは1967年7月9日生まれの現在48歳。劇団こまどりの出身で声優、フォークシンガーをされています。かつては、声優プロダクションパオパブに所属されていました。(パオパブには4代目長太郎役の坂詰貴之さんもかつて所属されていた声優事務所です)熊谷さんは、『1年B組新八先生』にも生徒南政寿役で出演されていました。また、声優としては、アニメ『キャプテン(1980年)』に丸井役を演じています。丸井を演じた当時は、13歳でした。また、声優の岩田光央さん(『AKIRA(1988年)』金田役、『ここはグリーンウッド』OAV、CDドラマ池田光流役、『アンジェリーク』ゼフェル役などで有名)を劇団こまどりに入るきっかけを、与えたのが、熊谷さんでした。岩田光央の声優道 | 先輩から学ぼう! | 声優グランプリwebこちらに、岩田さんが熊谷さんについて、少し触れて声優になったきっかけなどを語っています。

関連記事:俺はあばれはっちゃくに出演した子役達 - 柿の葉日記「俺はあばれはっちゃく」に出演した人達 - 柿の葉日記