柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。国際放映、テレビ朝日とは一切関係がありません。

俺はあばれはっちゃくに登場した本や歌(ドラマを見て分かる設定13)

f:id:kutsukakato:20180217163244j:plainf:id:kutsukakato:20180217162542j:plain

 第6話でてるほが読んでいる本は檀一雄著『火宅の人』第7話で佐々木先生が長太郎に面白いから読んでみろと薦めた本は山口裕一著『白い川の白い町』調べてみると『白い川の白い町』は瀬戸川を白くした原因を小学生が調査していく話で、読書感想文全国コンクールの課題図書だったようです。既に絶版で入手は困難なもよう。公害の話で課題図書というあたりが先生が薦める本らしいですよね。『火宅の人』は私もタイトルだけは知っている作品でこれはドラマや映画になっているので知っている人も多いのではないでしょうか。

f:id:kutsukakato:20180217163241p:plainf:id:kutsukakato:20180217163237j:plain

 第2話で長太郎と母ちゃんがテレビの前で振り付けしながら歌っているのはピンクレディーの『カメレオン・アーミー』長太郎の部屋にはピンクレディーの写真?があるのでファンだったのかも。(と言っても当時はピンクレディーの人気は絶大で私もパネルを持っていて大好きでした。私はケイちゃん派だったけど、長太郎はどっち派だったのかなぁ)第11話で長太郎がハーモニカで吹いている曲は『朧月夜』夕暮れにこのメロディーが流れていると哀愁が漂います。ヒトミちゃんに無視されてた後は涙目で滅茶苦茶にハーモニカを吹く長太郎が切ないです。
 
 第49話では『およげ!たいやきくん』が使われています。第54話で母ちゃんが歌っている歌は『希望』と『ペチカ』と『花』
母ちゃん役の久里千春さんはとても綺麗な声で歌がうまい。元々、久里さんはオペラ歌手を目指していたそうで歌がうまいのも納得です。この第54話では家に縛られがちな専業主婦の母ちゃんが外で仕事をしたりママさんコーラスをする事を父ちゃんが最初は反対するのですが(父ちゃんとしては自分が仕事で家を支えている代わりに母ちゃんには自分を支えて欲しいようで、この当時の典型的な亭主の考え方のような気がします。

 後に2代目からは母ちゃんが仕事を持つようになるので、この話が『俺はあばれはっちゃく』の最終回近い話だと考えると興味深いですね)長太郎とてるほの活躍で父ちゃんも許してくれます。作中に使われた本や歌など実際に触れる事が出来るので調べてみてそれらに触れるのも楽しいですね。

白い川の白い町 (少年少女創作文学)

白い川の白い町 (少年少女創作文学)

火宅の人

火宅の人

関連記事:誰が読んでいるのかな?(ドラマを見て分かる設定51) - 柿の葉日記