柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。国際放映、テレビ朝日とは一切関係がありません。

おとなしい長太郎?

2004年に吉田友紀さん、島田歌穂さん、皆川おさむさん、高野浩幸さん、四方晴美さん、金子吉延さん、宮脇康之さんが集まった座談会の番組「あの人は今 !? 第28弾 !! 2004年歳末大捜査線」が日本テレビで放送されたのですが、その様子を参加した金子さんがブログで書いていて、そのブログの中でこのメンバーの中で世代がひとつ下の吉田さんが戸惑っていた事が書かれていました。

吉田さんは年齢は島田さんの3つ下ですが、島田さんよりも少しだけ芸歴は先輩なのです。でも、この中に入ると最年少になりおとなしくなってしまったのかな?とそのブログを読んで思いました。この座談会のメンバー7人の中で姉弟役を演じているのが、チャコちゃんの四方さんとケンちゃんの宮脇さん、そして、長太郎の吉田さんとてるほの島田さんなんですよね。そして、それぞれが国際放映が制作した児童ドラマの代表作「ケンちゃんシリーズ」と「あばれはっちゃくシリーズ」の初代。

私は世代的に初代ケンちゃん、チャコちゃん世代ではないのですが、現在CSのホームドラマチャンネルで時々ケンちゃんシリーズの方は見ていて、また、中山千夏さんの著書「ぼくらが子役だったとき」で四方さんと中山さんの対談を読んで知ったのですが、宮脇さんは今でも、四方さんの事を「おねえちゃん」と呼んでいるのだそうです。吉田友紀さんも「俺はあばれはっちゃく」の解説書のインタビューの中で島田さんの事を「姉ちゃん」と呼んでいました。子供の頃に演じた役柄の影響って大人になっても続いているのかな?と感じました。

ああ、この2004年の座談会見てみたかったなぁ。「俺はあばれはっちゃく」DVDの解説書にある吉田友紀さんのインタビューの中で(インタビュー日2005年2月28日)「姉ちゃんとは姉弟でも夫婦でもいいから一緒に舞台をやってみたいです。先日、某番組で20年ぶりに会ったんですが、今度は演技の方でも仕事をしたいですね」と語っているのですが、多分、某番組というのがこの座談会なんだと思います。

いつか、吉田さんと島田さんが再び姉弟、または夫婦役で共演される日がくるといいですね。