柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。

ちょっといい話

今日、コンビに買い物に行った時の事。クロネコヤマトの宅急便のドライバーの人がコンビニから出てきました。その後、乳母車を押して出て行こうとする若いお母さんが続いて来たのですが、乳母車を押している為に両手がふさがっている状態でした。そのコンビニの入り口の扉は手動で、若いお母さんは閉まろうとする扉を抑えようと手を伸ばそうとしたのですが、クロネコヤマトの人はそのすぐ後ろにいるその人に気がつき、振り向いて扉が閉まらないように手でその扉を抑えてくれたのです。

クロネコヤマトの人は少し遅いお昼を食べるためなのか、カップ麺にお湯を入れた状態で片手に持っていたのですが、そんな事はおかまいなしにその若いお母さんが乳母車を押して外に出るまでずっと抑えていて、それを見届けると当たり前のように去って行きました。扉を閉めようとしましたが、すぐ後に私が来たのでそのまま扉を開けといてくれました。

私がその姿を認めてそこに行くまでの間の短い時間でしたが、なんだかこうしたちょっとした親切を見るのは自分がされたことではなくても、凄くすがすがしくいい気分になるものです。