柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。国際放映、テレビ朝日とは一切関係がありません。

キス

長太郎は第1話からヒトミちゃんにキスをねだっていましたが、アバンタイトルと妄想以外ではもらえなかったと思います。妄想やアバンタイトルでのキスシーンもなんか振りに見てたりして本当にはしてないように見えたりするのだけど、どうだろう?他に長太郎にキスをした相手と言えば、マユミちゃんとエミリー。逆に長太郎がキスした相手と言えば公一…。エミリーはヒトミちゃんの目の前でされていて、長太郎は「よせよ、お前を助けたのはな、ヒトミちゃんに頼まれたからだよ。誤解すんなよ!」と言ってましたが、その後でまんざらでもない顔をしていますね。これが、ノリコちゃんだったらどうなっていたか…。2代目長太郎はカヲルさんからキスされてみゆきちゃんに睨まれてましたけれど、ヒトミちゃんも怖そうですよね。キスされてなくても怒ってたから、しているのを見たらもっと怒りそう。

ヒトミちゃんはタマエとは仲良くなったけれど、ノリコちゃんとは仲良くなる間もなく転校してしまいましたね。ヒトミちゃんの嫉妬って見ていて誰かに似てるなと思っていたんですが、「めぞん一刻」の響子さんに似てますね。響子さんも五代君に思いを寄せられて最初は何とも思ってないのに、五代君が自分を好きなのを当たり前だと思っていて、その五代君がこずえちゃんや明美さんや八神と仲良くしていたりしていると五代君に対して怒ってました。ヒトミちゃんも響子さんも思いを寄せられているけれど、じゃあ、彼女達は長太郎や五代君を最初から好きだったか?相手にしていたか?というとそうではなく、どちらかと言えば相手にしていなかった。それが、自分を好きでいて当たり前という気持ちからなのか、それとも、次第に彼らを好きになっていったからなのか、焼きもちを妬くようになっていくんですよね。しかも、ヒトミちゃんも響子さんもプライドが高いのか、最後の方まで好きになった気持ちを相手に言わない所が、二人とも気が強いなと思ったりもします。

関連記事:ほっぺにキス - 柿の葉日記