柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。国際放映、テレビ朝日とは一切関係がありません。

5代目

ツイッターでボソっと「あばれはっちゃくに憧れて芸能界に入った5代目の酒井さんは逆立ちの練習をしたのだろうか?」と呟いたところ、なんとご本人から「junretsu_sakai 酒井一圭 しました。本編で何回かやりました。 RT @kutsukakato: 5代目の長太郎も逆立ちをしなかったみたいだけど、「あばれはっちゃく」に憧れて芸能界に入ったという5代目の酒井一圭さんは逆立ちを練習していたりしたんだろうか?」という返事をもらいました。

私はこれに気付いたのは少し遅かったのですが、気付いた時にはびっくりしました。閃くポーズは初代から3代目が逆立ち(逆立ち以外のものもありました。これについては初代のみ過去に触れています。ひらめいた!(ドラマを見て分かる設定1) - 柿の葉日記4代目がブリッジでした。5代目は私は見ていなくて調べてみると、座禅で閃き電球のアニメーションが点く。というものでした。いつだったか、5代目を見ていた方のブログでその画像を見た事があります。この時、その方は5代目にゲスト出演された時の歴代のはっちゃく達の画像ものせていました。塀の陰から吉田さん、栗又さん、坂詰さんの順に顔を出している場面でした。

恐らく、5代目の閃くポーズの基本は座禅だったのかもしれませんが、初代長太郎が閃くときにいつも逆立ちだったとは限らなかったように、5代目も座禅だけとは限らなかったのかもしれません。5代目本人が「本編で何回かやりました」と言われているのだから、実際に逆立ちをしていたのでしょうね。現在、5代目の酒井さんは純烈のリーダーとして頑張っていますが、実は私、近所のショッピングセンターにこの純烈が来た時にのこのこ見に行って、酒井さんと握手してきました。5代目を見ていない私にとって酒井さんは長太郎と言うよりも、長太郎をかつて演じた人という認識で、酒井さんの事は彼の事を知ったガオブラックの印象が強いのですが(ガオレンジャーで酒井さんを知り、この時に酒井さんが長太郎だった事を知って「あばれはっちゃく」が5代目まで続いていた事をしりました)握手をした時はこの人が最後の長太郎だったんだという気持ちが強くありました。

あばれはっちゃく」が好きで本当に長太郎になった酒井さんは、長太郎であった人であると同時に私とは年齢が1つ違いという事もあって私の中では勝手に同世代の「あばれはっちゃく」のファンを代表する一人だと思っています。なろうと思ってなれるものではないと思うので、その点で私は酒井さんの事を凄いなと思っています。