柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。

田舎のバスと東京のバスガール

以前、こちらの記事で田舎のバスを知ってますか?(ドラマを見て分かる設定26) - 柿の葉日記『俺はあばれはっちゃく』52話で先生の運転する車の中で長太郎達が歌っていた歌が中村メイコさんが歌っていた『田舎のバス』と紹介しましたが、この度、52話の台本を手に入れて、読んでみると、長太郎達が歌っている歌の歌詞が違うのです。それは、「あっかるく、あっかるく、走るのよ」というものです。

これを調べてみると、台本の方で歌っていた歌は『東京のバスガール』1957年(昭和32年)にコロムビアローズさん(初代)が歌って発売された歌だと分かりました。ウィキを見るとバスガイドさんが歌う定番の歌とあり、それで私にも心当たりがあったのか、文字だけでも歌の調子がとれて頭の中ではそのメロディーが蘇りました。放送された話では、長太郎達が歌っている歌は前述したように、『田舎のバス』でこちらは、私には心当たりがなく、私の親世代の人達に馴染みがあったというのは、田舎のバスを知ってますか?(ドラマを見て分かる設定26) - 柿の葉日記でも紹介した通りです。

『田舎のバス』が1955年(昭和30年)、『東京のバスガール』が1957年(昭和32年)と、『東京のバスガール』の方が2年新しい歌ですが、どちらにせよ、『俺はあばれはっちゃく』が放送されていた1979年(昭和54年)の時代から見ても古い歌である事に変わりはなく、また、『田舎のバス』で調べたときの結果を見ても、『田舎のバス』も当時はヒットしていて、その2年後に発売された『東京のバスガール』もヒットした歌だという事は事実のようです。2曲とも昭和30年代のヒット曲であり、バスに乗った時に、またそれに類する車での大人数のレジャーの歌として馴染みがあった歌だったのでしょう。ただ、『東京のバスガール』がバスガイドさんが歌う歌として定着していた分、私でも知っている歌だったのかなって思います。

歌が変更されたのは、さほどの理由があると思えません。撮影は一度とは限らないで、何回かTAKEがありその中で、歌う歌は変えていたのかもしれないし、『田舎のバス』の方がイメージにあっていたとか、そちらの方が歌い易かったからとか、色々と理由は推測できますが、私が台本と放送され、DVDで再び見た話から考えられるのはここまです。さて、『俺はあばれはっちゃく』を見た皆様の中では、どちらの歌がスケート場に向かう車内ではしゃいでいた長太郎達が歌う歌として、相応しいと思いましたか。私はどちらでも、車内で歌うには相応しい歌だと思いますが、『東京のバスガール』の方がバスガイドさんの気持ちを歌っているのに対して、『田舎のバス』は田舎道をうんとこしょと向かっている歌に思えるので、『田舎のバス』の方があの場面には合っているかなって思いました。

関連記事:俺はあばれはっちゃくに登場した本や歌(ドラマを見て分かる設定13) - 柿の葉日記田舎のバスを知ってますか?(ドラマを見て分かる設定26) - 柿の葉日記
「俺はあばれはっちゃく」で登場した歌その2(ドラマをみて分かる設定24) - 柿の葉日記