柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。国際放映、テレビ朝日とは一切関係がありません。

新年

2012年が始まりました。去年は私生活で色々あって落ち込む事も多かった年でした。自分の中で途中で嫌になって投げ出してしまったツケが年末に回ってきて自業自得な所がありました。それで周囲にも何より投げ出す前の自分にも迷惑をかけてしまいました。良い事は続けてこそ意味がある事です。過去にやっていたからというのはいい訳にしかなりません。どんなに過去に頑張ったからと言って、それまでやってきたからと言っても、「今」をちゃんとやってなければ意味がない事なんです。私はそれを忘れていた。いや、途中から気付いても、もう、いいやと自分に対して諦めていたのにやっと目を向ける事が出来ました。それは、職場の上司からの苦言からでしたが、有り難いことだなと感じます。

私は以前にもっと自分を大切にして欲しい。必要として欲しいと書いた事がありますが、その希望がほんの少し叶ったように思います。後は、必要とされる人間に近づくように今年一年、一日ずつ、やるべき事をやっていくだけなんだなと思います。今日1日はそれが私の中で出来たので良かったなと思います。今度は途中でだらけないようにこの日記に出来たとか出来なかったという事を、ちょこまかと記事の最後に書いていきます。誰かに見てもらっていると思っていた方が少しは頑張れるから。引き続き、「俺はあばれはっちゃく」や吉田友紀さんのこともちょこまかと書いていきます。

私は人から大切にされていないなと感じていた事が多かったのですが、私を心配する妹や職場の人、それからこのブログを読んで下さりコメントを書いて下さる方、コメントは書かれていなくても読んで下っている方をがいる事を知ると、そう感じていた自分が恥ずかしくなんて贅沢な事を思っていたんだろうと思います。全てが味方ではないけれど全てが敵ではないと、それでも私なんかにもったいない言葉を沢山頂いて。そして、それを頂けるのは「俺はあばれはっちゃく」や吉田友紀さんのお蔭なんだなってつくづく思うのです。

人は私の為に生きている訳ではない。でも、私の為に心配してくれる時もある。それに甘えてしまってはいけないんだと、じゃあ私は心配してくれる人と同じくらいその人を心配しているだろうかと人に求めるだけでなく人に与えられる人間になっていくのも大事だとやっと気づきました。いつか、好きな人にあえた時にちょっとはましな人間になって会いたいなと思います。