柿の葉日記

主にテレビドラマ「あばれはっちゃく」について語る個人ブログです。国際放映、テレビ朝日とは一切関係がありません。

名前が分からない5代目長太郎の同級生の女の子

f:id:kutsukakato:20220205121244j:plain

『逆転あばれはっちゃく』5話より

役名が分からない

『逆転あばれはっちゃく』では、それまでの固定の長太郎の同級生レギュラー枠以外の同級生もかなり固定されて配役されていました。また、その固定同級生がメインになる話もいくつかあります。

最終的には、シリーズ定番の同級生枠(ヒロイン、親友、ライバル、ヒロインの友人)以外の同級生の出番はなくなりましたが、それまで、その他扱いだった同級生と比較すると、大きなシリーズの改革の一つでした。

kakinoha.hatenadiary.com

前の記事で、分かる範囲でその同級生の役名と演じた子役名を記載しましたが、その中で分からなかったのが、永田美妙さんが演じた同級生の名前です。

ドラマを見ていても、名前が出てくることがなく、また、メインの話もなく、DVD付属解説書にも書かれていないので分からないのです。私の見落としがあるかもしれないので、もしも分かる人がいたら教えて欲しいです。

1話から14話まで

永田美妙さんは、1話から14話まで登場されていました。おそらくは、1クール契約だったか、『逆転あばれはっちゃく』が2クールに入る頃に、番組の見直しが行われ、出演者の整理がされ始めた頃なのではないかと推測します。

12話と13話は3代目を除く歴代の長太郎役の人達(吉田友紀さん、栗又厚さん、坂詰貴之さん)が出演する話ですが、これは本来は17話と18話に予定されていた話で、この12話と13話には永田美妙さんは登場していません。

なので、永田美妙さんが出演されたのは、1話~11話と14話の12話分になります。メインの話がなく、役名が不明とはいっても、1クール分出演され、ドラマ内でも目立っていたのを見ると、永田美妙さん演じる同級生メインの話も予定されていたのではないかと思います。

他のシリーズ定番同級生枠以外の同級生にも役名や詳しい設定、メイン回があったことも合わせてそう思うのです。けれども、やはり予想よりも早い終了によって、消化できなくなってしまったのではないかなあ、と思います。

1973年生まれ

f:id:kutsukakato:20220205121320j:plain
f:id:kutsukakato:20220205121339j:plain
『逆転あばれはっちゃく』5話より

永田美妙さんは、1973年12月8日生まれです。10年前までアメブロをされていました。アメブロではお子さんを出産されていたことも報告されていて、子育てのことも書かれていました。検索をしたり、アメブロに掲載されているお写真を見ると、上記引用画像のピンクの服を着ている女の子の面影を見ることが出来ます。

お名前も同じですし、私はアメブロをしていた永田美妙さんが『逆転あばれはっちゃく』に出演されていた永田美妙さんと同一人物だと判断しました。

こうして、少しずつ出演されていた子役の人達のことを調べていくと、5代目は設定年齢よりも実年齢が1歳年上の子役の人達が多く配役されていたなって思います。

まだ、分からない方もいるので、この見解が変わる時が来ると思いますが、現時点で明確に分かっている範囲では、宇梶忠男さん、高橋奈緒さん、永田美妙さんが1973年生まれでドラマ設定年齢の長太郎より1歳上です。

kakinoha.hatenadiary.com

5代目長太郎を演じた酒井一圭さんは、長太郎の設定年齢より1歳下(1学年下)なので、宇梶忠男さん、高橋奈緒さん、永田美妙さんより、実年齢は2歳年下になるのですね。

しかも、5代目は1985年3月から放送が始まってますから、撮影は1985年の2月頃になると、酒井さんが小学3年生で、同級生役の3人は小学5年生だったと考えると、小学生時代の2歳差は大きかったのではないかと思います。

設定年齢と同じ1974年生まれのあかねちゃん役の浅見奈生さんやまね子役の小島法子さんもいて、調べたら他にも1974年生まれの方もいると思いますが、5代目は実際演じていた長太郎の同級生は1973年生まれが多い印象です。ドラマと設定年齢が同じ長太郎とその同級生が多いのは、2代目、3代目、4代目。3代目のあけみちゃん役の浜村砂里さんは、1971年生まれですが早生まれなので設定年齢は1学年上になります。

初代は2月から3月放送分までは、ヒトミちゃん役の早瀬優香子さんと恵子ちゃん役の岡田ゆりさんが1967年生まれで、ドラマの設定年齢と同い年、同学年でしたが、新年度になっても長太郎達が5年生のままだった為に1歳上になり、1966年生まれの長太郎役の吉田友紀さん、公一役の妹尾潤さん、正彦役の草間光行さん、明子役の小宮山京子さんはドラマの長太郎の設定年齢よりも2歳年上、2学年違いになりました。

初代と5代目は実はドラマの設定年齢よりも、演じた子役の人達の実年齢は年上の人達が多かったのかなって思います。初代は新年度から長太郎達が原作と同じく6年生になっていれば、そんなに設定年齢との開きはなかったと思います。

5代目は1974年度生まれは、団塊ジュニア世代の中でも人数が多いので、設定年齢の子役はある程度集められたかもって思うんですけどね。まだ生まれの分からない方もいますので、それが分かったら、5代目はやっぱり1974年生まれの子役が多かったんだってなるかもしれません。

永田美妙さんの『逆転あばれはっちゃく』以外の出演作

永田美妙さんは、『逆転あばれはっちゃく』出演後も俳優業を継続され、『ぼくらの七日間戦争』(1988年)、『桜の園』(1990年)などに出演されました。