柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。国際放映、テレビ朝日とは一切関係がありません。

『男!あばれはっちゃく』9話にゲスト出演された松原愛さんからのコメント

驚きのコメント

昨日(8月3日)に当ブログにコメントが書き込まれました。

2代目栗又厚さんの『男!あばれはっちゃく』第9話「あばれアニメだマル秘作戦」(1980年5月17日放送・脚本・市川靖さん、監督・山際永三監督)にゲスト出演された松原愛さんからのコメントでした。

松原愛さんは北海道旭川市の出身。

1973年~1976年『週刊少年マガジン』で連載された梶原一騎先生原作、ながやす巧先生作画の『愛と誠』が1974年に西城秀樹さん主演で映画化され、松原さんはその映画主題歌『愛と誠のある限り』でデュオ「あいとまこと」でポニーキャニオンから1974年にデビューされました。

1975年に「松原愛」と改名されて日本クラウンに移籍され、『雪の朝』でソロデビューされています。

 1976年には大林宣彦監督作品『ハウス』のラジオドラマ版(翌年の映画公開に先駆けて1976年11月27日にニッポン放送で放送されたラジオドラマ)に出演、翌年の1977年映画版にもガリ役に出演されて女優デビューされています。

あの頃映画 「愛と誠 シリーズ3部作<3枚組>」 [DVD]

あの頃映画 「愛と誠 シリーズ3部作<3枚組>」 [DVD]

 
愛と誠のある限り (MEG-CD)

愛と誠のある限り (MEG-CD)

 
雪の朝 (MEG-CD)

雪の朝 (MEG-CD)

 
HOUSE ハウス[東宝DVD名作セレクション]
 

 その歌手で女優の松原愛さんからコメントの書き込みがあり、嬉しさと驚きで気が動転してしまいました。3年前の記事2016年5月18日の「不思議なこと」のタイトルのコメント欄に書き込まれた松原愛さんの書き込みです。

不思議なこと - 柿の葉日記

今日は!あばれはっちゃくに一度ゲストで出演させて頂いた松原愛と申します。自分の作品整理をしていましたら、確か栗又君の時だったと思うのですが、役所としては、はっちゃくの憧れの声優のお姉さんだったと記憶していますが、どのシリーズの何話かは途方もない多さに困り果てています。独占!おんなの60分でご一緒していた宮城千賀子さんもそのシリーズに確か出演されていたかと思いますが、お判りになりますでしょうか。お伺い申し上げます。松原愛

この書き込みから、栗又さんの時代でアニメと声優が主体の話は、第9話「あばれアニメだマル秘作戦」だとすぐに分かりましたので、9話を見て出演者の名前で松原愛さんの名前を確認してお答えしました。

 第9話は以下のDVDに収録されています。

男! あばれはっちゃく DVD-BOX 1 デジタルリマスター版【昭和の名作ライブラリー 第4集】

男! あばれはっちゃく DVD-BOX 1 デジタルリマスター版【昭和の名作ライブラリー 第4集】

 

 また宮城千賀子さんについても、5代目酒井一圭さんの『逆転あばれはっちゃく』のDVD解説書を確認したところ第2話「ダサイ父さん来るな!父母会」(1985年3月9日放送・脚本・名倉勲さん、監督・新津左兵監督)に宮城千賀子さんについて以下の記述を見つけたのでお答えしました。

秀彦の祖母・まさ子役の宮城千賀子は第5話にも登場。宝塚歌劇団の出身で、戦前から映画女優として活躍していた。 

記述にない補足として宮城千賀子さんは宝塚歌劇団25期生(1935年入団、1936年初舞台、1940年退団)。「東風うらゝ」の芸名で男役として活躍されていました。
宮城千賀子さんは3代目『熱血あばれはっちゃく』第42話「雪山バンザイマル秘作戦」にもゲスト出演されています。

宮城千賀子さんが出演されている『熱血あばれはっちゃく』『逆転あばれはっちゃく』は以下のDVDに収録されています。 

熱血あばれはっちゃく DVD-BOX 2 デジタルリマスター版【昭和の名作ライブラリー 第6集】

熱血あばれはっちゃく DVD-BOX 2 デジタルリマスター版【昭和の名作ライブラリー 第6集】

 
逆転あばれはっちゃく HDリマスター DVD-BOX【昭和の名作ライブラリー 第12集】

逆転あばれはっちゃく HDリマスター DVD-BOX【昭和の名作ライブラリー 第12集】

 

松原さんの役所

役所は松原さんのご記憶の通り声優のお姉さんです。

長太郎が学校に行く途中、赤い車のタイヤが泥に嵌って困っていた女性が長太郎に声をかけて助けてもらい、お礼に学校に車で乗せてもらって、みゆきちゃんと寺山先生達がいる場所で降ろさせてもらいお礼にアニメのセルをもらいます。

この助けた女性が松原愛さん演じる声優の「米倉小夜子」

f:id:kutsukakato:20190804093729p:plainf:id:kutsukakato:20190804093806p:plain

女性が声優だと気づくのが和美、寺山先生が誰だと尋ね、詳しい説明をしたのがみゆきちゃん。

みゆきちゃんが毎週見ているアニメ『紅の騎士』のジュリアの声をしている人であることがみゆきちゃんの口から語られます。

これをきっかけに長太郎のクラスでは止まっている絵が動くアニメーションについての授業をすることになります。

みゆきちゃんが大好きなアニメのセルをもらった事で長太郎がみゆきちゃん達から注目された事に嫉妬した邦彦がもっとちゃんとしたセルを持っていると嘘をついた事から話が展開します。

6年前に記事でも書いたのですが、個人的に私はこれを初代『俺はあばれはっちゃく』第5話「無抵抗マル秘作戦」(1979年3月3日放送・脚本・市川靖さん、監督・山際永三監督〉のセルフリメイクだと考えています。

kakinoha.hatenadiary.com

 もちろん、少しアレンジはありますが、基本的な話の構造が似ているからです。長太郎が当初の考えを変えるのも、ヒトミちゃんやみゆきちゃんの言葉がきっかけです。

2代目では嘘をついた邦彦が仮病で学校を休んだ邦彦を非難する長太郎に言った言葉。

「いない人の悪口を言うなんて長太郎君男らしくないわ」

それを知ったカヨちゃんからの言葉で長太郎は、松原さん演じる米倉小夜子さんの言葉を思い出し、小夜子さんのアフレコ現場に行くものの出待ちのファンから追い出されて、小夜子さんから教えらたマンションに行きます。

ここで、松原さんが演じた米倉小夜子の名前の表記を確認できます。

f:id:kutsukakato:20190804093813p:plain

45周年・40周年・10周年

この第9話は、6年前の記事でも書いたのですが『男!あばれはっちゃく』の話の中でも私の好きな話の1つで松原さんの書き込みを見た時に 「まさか、その役所って言ったら、あの話に出ていた人!?」って混乱してしまいました。

あばれはっちゃく』に関連する記事をこのブログで書き始めてから今年で10年になるのですが、時々思いもよらない方々から書き込みをして頂き、嬉しさと共に大勢いる『あばれはっちゃく』のファンの1人に過ぎない私の稚拙なブログに目を通して頂き、書き込みまでされるたびに嬉しさと申し訳なさを感じてしまいます。

好きな作品について語り、その作品を生み出してくださった方々にこうして思いが届いている事に喜びを感じます。10年前は誰に向けて書いたのでもなく、誰かの目に届くことがない手紙のようなものとして書き出した『あばれはっちゃく』関連の記事ですが、こうして同じファンの方々や、松原愛さん、酒井一圭さん、朝妻秀明さんにコメントを書き込んで頂いたり、山際永三監督にインタビューをさせて頂いた事はとても貴重で大事な宝物になっています。

今回、改めて9話を見返し、松原愛さんの事を知り、今年がそれぞれの節目だと知りました。

1974年に歌手デビューされた松原愛さんは今年でデビュー45周年。

1979年に初代『俺はあばれはっちゃく』放送開始から40周年。

私がブログ記事で『あばれはっちゃく』を取り上げてから10周年。

最後の10周年はおまけですが、このような節目の年に松原愛さんの書き込みがあったのは本当に嬉しいことでした。

きっと松原さんもデビュー45周年ということで、ご自身が出演した関わった作品の整理をされていて、このブログに来てくださったのだと思います。

松原さんの書き込み嬉しかったです。

このブログに目をとめてくださりありがとうございました。