柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。国際放映、テレビ朝日とは一切関係がありません。

初代長太郎の得意なスポーツ(ドラマを見て分かる設定41)

 2代目の長太郎は合気道、3代目の長太郎はサッカー、4代目の長太郎はアマチュアレスリングと各代の長太郎たちはそれぞれに得意なスポーツというか、ある一定のスポーツを習っていたり、特別にやっていたりしました。しかし、初代長太郎はそれ以後の長太郎達とは違って、特別に特定のスポーツを一つだけしていたという事はありませんでした。

 初代長太郎の体育の成績は「5」で長太郎は大抵のスポーツ(運動)をこなす事が出来ます。初代長太郎が本編でしていたスポーツ(運動)はざっと挙げてみても、跳び箱(第2話)、ボクシング(第5話)、剣道(第10話と第50話のアバンタイトル)、ハンドボールドッジボール(第12話)、マラソン(第17話)、水泳(第28話)、キックベース(第29話)、サッカー(第38話)柔道(第39話のアバンタイトル)、相撲(第49話)、スケート(第52話)、スキー(第55話)等いろんなスポーツや運動をしていました。(他にも重量挙げやバッティングセンターで遊んでいたり、サーフィンや登山の真似ごとをしていたりしました)

 この中で初代長太郎が特に得意なものとして本編で語られていたのはマラソンでした。第17話では長太郎は朝早くからマラソン大会の為に自主特訓をしていて、これも桜間家では恒例のことらしく朝からみんなでトレーニングに行く長太郎を見送っています。また、この第17話では押しかけてきたタマエに父ちゃんが自慢をし、てるほが補足説明をしています。

「タマエさん、こいつはねマラソン大会では毎年優勝してるんですよ」
「それしか能がありませんから」

 しかしなぜか初代長太郎には「剣道」という印象を持っている方が多いようです。初代長太郎が剣道をしていた場面というと全56話のうち、第10話と(これは朝比奈のじいさんにしごかれた時)第50話のアバンタイトルでの姿の2話くらいしかないのですが、何故か「剣道」を連想される方が多い。何故だろう?と考えた時に1987年に公開された『俺は男だ!完結篇』の映画に初代長太郎役の吉田友紀さんが元剣道部員役で出演していた事が頭に浮びました。これが理由だとは言えませんが、少しは関連があるのかなぁと思ったり……でも、『俺はあばれはっちゃく』からはかなり間があるし、これが理由とは言えないかも……。

 それとも少ないながらも剣道をしていた初代の姿があまりに印象的で、他にしていた運動やスポーツよりも初代長太郎のイメージにあっていて、その為に「剣道」という印象を持たれた方がいたのかもしれないのかなぁと思ったりしました。