柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。国際放映、テレビ朝日とは一切関係がありません。

好きな芸能人(ドラマを見て分かる設定37)

ヒトミちゃんの宝物の一つはデパートのサイン会で書いてもらった三浦友和のサインボール。ドラマだけを見ていると、サイン会に色紙ではなくボールという書きにくいものを持っていったのか…ヒトミちゃんってちょっと変じゃないかな?って思うのですが、前にも書いたように勇敢なヒトミちゃん - 柿の葉日記原作では当時流行っていたバレーボールドラマに出演しているスターに書いてもらったという事で、ドラマにあやかってバレーボールになっています。

デパートのサイン会へ行ってサインを貰うくらいですから、ヒトミちゃんは三浦友和さんのファンだったのでしょう。三浦友和さんというと山口百恵さんの彼氏でアイドルと呼ぶには(アイドルだったけど)少し大人っぽい雰囲気を持った青年という印象を当時の私は持っていました。(9月21日追記:てるほも三浦友和さんのファンでファンレターを出したり、山口百恵さんに焼きもちを妬いたりしている事を第50話で長太郎にばらされています)

第13話で佐々木先生と岩崎先生の事を長太郎から聞いて泣いたヒトミちゃんの気持ちをてるほが、「いい、女の子ってものはね、男の先生に憧れを持っているものなの」と長太郎に説明していますが、これと好きな芸能人が三浦友和さんだというのと併せて考えるとヒトミちゃんの男性の好みは年上の落ち着いた感じの人だったのかなぁ…と思ったりします。もっとも、後に従弟のサトル君が長太郎に似ているから好き。と言ったりしているのを見ると素敵だなと憧れているのと、実際に好きになるタイプは違うんでしょうけど。

一方、長太郎が好きだったと思われる芸能人は恐らくピンクレディーだったんじゃないかな?と思います。理由としては長太郎の部屋にピンクレディーの写真が貼ってあるのと、第2話でテレビでピンクレディーを見ながら振り付けを真似て歌っているから。前にも書いたと思いますが、当時のピンクレディーの人気は凄くて、私も大好きでした。(ちなみに私はケイちゃん派でした)長太郎も例に洩れずピンクレディーが好きだったのかもしれません。この時、長太郎が真似をしていたのは「カメレオンアーミー」。

この前年の「気まぐれ本格派」のドラマの中でも新ちゃんや一貫、元さん、道夫がピンクレディーの歌を歌う場面が出てきますが、この時は「ウォンテッド」と「サウスポー」と「UFO」。「気まぐれ本格派」第36話でピンクレディーのカラオケ大会で「サウスポー」を歌うと張り切って皆の前で練習する一貫を呆れたまなざしで見ていた新ちゃんが後に長太郎になって歌って踊っている姿を見ると、なんとなく可笑しく感じてしまいます。(決して悪い意味ではないですよ)

余談ですが、「サウスポー」は当時その衣装を模した服があって私はそれを着てました。懐かしい思い出です。