柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。国際放映、テレビ朝日とは一切関係がありません。

ドラマを見て分かる設定22

美玉市立第一小学校の校長先生の名前
 『俺はあばれはっちゃく』に校長先生が初登場してくるのは第9話。その後も何回か登場してきますが、校長先生の名前が劇中で呼ばれる事はありませんでした。しかし、校長先生の名前が分かる話があります。それが、第17話。校内マラソン大会で優勝した長太郎がもらった賞状に校長先生の名前があり校長先生の名前が「太田武」だと分かります。ついでにマラソン大会がいつ開かれたかも。この賞状によると昭和54年6月1日の金曜日に開かれたということになります。

f:id:kutsukakato:20191108140913p:plain
第17話より

 この第17話で長太郎に一目ぼれするタマエはこのマラソン大会の前日に転校してきました。タマエは木曜日に転校してきて日曜日にはブラジルに転校して行ってしまいます。つまり、タマエは4日間の間に長太郎と出会って長太郎に恋をして長太郎と別れて行った。たった4日間の短い恋です。でも、タマエが約束通り18歳になって長太郎のお嫁さんになりに戻ってきたのなら、それは長い初恋になるのかなと思います。(タマエのいう今度の日曜日が近い日曜日か来週の日曜日かで、いつの日曜日になるかで長さは変わりますが、いずれにしても短いのに変わりはないと思います)

 しかし、結婚するには長太郎の気持ちと小姑になるてるほの気持ちを変えなければ難しいかもしれません。てるほはタマエに対してこんなことを言っています。

「だれがあんな子、長太郎のお嫁さんにするか!」