柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。国際放映、テレビ朝日とは一切関係がありません。

あばれはっちゃく初代と二代目

 「ちょっと気に入らない新参者。つい仲間外れにしてしまって憧れの女の子に軽蔑されて後悔して自分としても少し心が痛い。反省して相手に謝りに行く」

 こんなあらすじを読んで思い出すのは、初代ですか?それとも2代目ですか?『あばれはっちゃく』シリーズでは前作で見た話と似たような話を次のシリーズでも見る事が出来ます。上記のあらすじは初代が第27話、2代目が第8話のあらすじです。あらすじは同じですが、一見しただけでは同じ話ではありません。

 初代の第27話はお祭り好きのヒトミちゃんの従弟のサトル君が登場してきます。しかし、ヒトミちゃんと仲のいいサトル君に長太郎と正彦が嫉妬して、祭り好きのサトル君を祭りに参加させない為に町内で作った袢纏を着てないサトル君を仲間外れにしてしまいます。これに怒ったのがヒトミちゃん。ヒトミちゃんに軽蔑されて父ちゃんとてるほに非難されて、長太郎は反省します。そして、自分の袢纏をサトル君にあげて仲間に入れようとするのです。

 2代目の第8話は邦彦が誕生日会に長太郎を呼ぶ為に母ちゃんに場所を教えるのですが、母ちゃんが早とちりをして別の場所を長太郎に教えてしまいます。邦彦は途中でこの勘違いに気づくのですが、長太郎を仲間外れにする為に敢えて間違いを正さず黙っています。間違った場所に行った長太郎は慌てて本来の会場へ向かうのですが、途中でプレゼントを壊してしまったり、それをプレゼントしたら邦彦に乱暴に捨てられ母ちゃんの事を非難されて暴れてしまいます。後で、みゆきちゃんが邦彦が敢えて黙っていた事を非難し、邦彦もまたそれで反省して長太郎の家に謝りに行きます。

ちなみに、サトル君と邦彦を演じたのは両方とも長野昇一さんです。

 初代は仲間外れにする方が長太郎。2代目は仲間外れにされたのが長太郎。初代で仲間外れにされたのがサトル君(長野昇一さん)、2代目で仲間外れにする方が邦彦(長野昇一さん)になっています。主人公の長太郎の立ち位置が初代と2代目では違いますよね。これだけ見ると2代目のライバル役だった邦彦が(初代の正彦の立場)初代の長太郎みたいだなと思ってしまいます。

 ちなみに初代だけ長太郎が転校生ではありません。よそ者として、最初は厄介者扱いされるのは2代目以降です。周りの意地悪に負けず真っ直ぐな長太郎が頑張って周りに認められていくのが2代目。前にも書きましたが、故に2代目は初代よりもより正しい正義感が強調されているように感じます。

 そういえば、長野昇一さんはいまどうしているのでしょうか?調べてみても分かったのは過去に出演していた作品だけでした。

長野昇一さん出演作
出演作品
ジャッカー電撃隊』第26話(1977年10月22日放送)ゲスト役名不明
東映スパイダーマン』第30話(1978年12月6日放送)ゲスト井上明役
『俺はあばれはっちゃく』第27話(1979年8月11日放送)ゲストサトル役
『男!あばれはっちゃく』第1話〜第51話まで佐藤邦彦役(1980年3月〜1981年3月)


東映スパイダーマン』はこちらの公式で無料で見る事が出来ます。Japanese Spiderman | Spider-Man | TV Shows | Movies & TV | Marvel.comちなみに第18話には初代長太郎役の吉田友紀さんが岡田良一君役でゲスト出演しています。