柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。国際放映、テレビ朝日とは一切関係がありません。

色を変える

 結局、買ってしまった『気まぐれ本格派』
当時の撮影のこぼれ話が解説書で読めて楽しかったけど、吉田友紀さんの名前が「吉田有紀」と一か所誤植されていたのが残念だった。

f:id:kutsukakato:20110227192511j:plainf:id:kutsukakato:20110227192210j:plain
左『気まぐれ本格派』右『鉄人タイガーセブン』
 こいう間違いをされていたとすると一時期、吉田さんは「とものり」ではなく「ゆうき」という読みで活動していのかもしれない。(単に間違えただけかも、だとしたらとても悲しい。ネットで調べると吉田さんの別名で字は同じだが読みが「ゆき」「ゆうき」又は「ともき」というのがあるから間違ったとは思いたくない)

 吉田さんが演じた新太君は時期が少し重なるせいか、最初の頃は智之と似たようなしゃべり方や表情がある。智之よりは大人しい所があるかな。智之や長太郎と違って勉強が好きというのが最大の違いかも。
しかし、しっかり者というのは智之と同じ。新太君のお母さんの袖子さん(三ッ矢歌子さん)が天然ボケで叔父さんの一寛さん(石立鉄男さん)がお人好しのおっちょこちょいなので、新太君がよりしっかり者に見える。

 智と似ているがやはり別人で、『すぐやる一家青春記』で共演した秋野さんや花沢さんとは人物関係が変わってくるので面白い。『すぐやる一家青春記』では兄弟だった智之(吉田友紀さん)と一郎(秋野太作さん)が、この『気まぐれ本格派』では叔父と甥。兄弟の時と叔父と甥の時、そしてやはり別作品となれば2人の間柄は変わる。

『すぐやる一家青春記』を見た後で『気まぐれ本格派』を見るとこの二人の関係にニヤニヤしてしまうところがある。本放映でも『すぐやる一家青春記』の後に『気まぐれ本格派』の順に(局は違うけど)放送されていたから、当時の視聴者もそうした感覚で見てた人がいたかもしれない。

 花沢徳衛さんは近所の神主さん。あの頑固で勝手な『すぐやる一家青春記』のお祖父ちゃんとは同一人物には見えない。
花沢徳衛さんにしても、秋野太作さんにしても、吉田友紀さんにしても巧い役者さんは役や作品ごとに色を変えるものだと思った。勿論、作品や監督、脚本家、演出家、共演者の影響もあるかもしれないが、こうして作品ごとにイメージを変える事が出来るのは、プロとはいえ本当に驚く。

 最近、思うのは巧い役者さんは実体が見えない人が多いのだろうなという事。特にトーク番組やインタビュー記事などの素顔を垣間見ることの出来る媒体にあまり出てこない人は、そう思う。