柿の葉日記

主にテレビドラマ「あばれはっちゃく」について語る個人ブログです。国際放映、テレビ朝日とは一切関係がありません。

赤ひげ2

赤ひげ2第8話(最終回)『養成所の危機』感想

『赤ひげ2』最終回を見ました。 小石川養生所を取り潰したい役人岡野から費用削減を言われ、それを飲まなければ赤ひげがやめると迫られ、ただでさえ費用が少ない中、これ以上の費用削減は小石川養生所が運営出来ないことを示し、使用人や医師達は慌てます。…

幸せは他人との比較で実感するのか

赤ひげ第7話『育ての親』感想 浪人沖田が風邪をひいた息子赤ん坊の鶴之助を小石川養生所につれてきたことから話が始まります。 沖田の妻は鶴之助を産んで間もなく亡くなり、1人で乳飲み子を育ててましたが、病気になるまでほっといては生活が出来ないと、沖…

幾重にも重なる話

赤ひげ2第6話「わたくしです物語」感想 録画しておいた『赤ひげ』第6話を見ました。田山の許嫁の伊久さんが小石川養生所を訪れてから、田山が起きた事件の犯人だと次々に名乗り出ていく話でした。 最初は伊久のせいで田山がそんな人の罪を被るような真似を…

なりふり構わずあがく生き方の良さ

赤ひげ2第5話「幼なじみ」感想 『赤ひげ2』第5話を見ました。今回は過去に赤ひげが面倒を見た与助の話です。 与助は腕の良い彫り師でしたが、侍に利き腕を切られてから腕が上手く動かせず、職を失い、妻のおひろに養われています。 この話は、最初の方に出…

大事な存在とは

『赤ひげ2』第4話「最愛の妻」の感想 『赤ひげ2』第4話を見ました。胃の病の妻を持つ浪人、鎌田の話。 最初の方で、鎌田が家に戻っても妻の声が聞こえず、姿が見えないので、鎌田の妻が存在しないのではないか?と思いました。 案の定その通りで、話を見…

画面の前と奥

『赤ひげ2』第3話「兄と弟の差」感想 『赤ひげ』第3話を見ました。3話では、画面の奥行きを使った映像が印象に残りました。冒頭で小石川養生所に担ぎ込まれた辰蔵が画面手前に、赤ひげ達医師達が間に入り、廊下で大工仲間が心配する姿、辰蔵、赤ひげ達、大工…

嘘をつかれる気持ちもつく気持ちも

赤ひげ2第2話「優しさと嘘と」感想 11月8日放送第2話を見ました。 今回は、長屋の火事の被害者おりつとおりつが面倒を見ている源太とその妹おすまが患者として小石川養生所に来ます。 年長者17歳のおりつは年下の子ども達の面倒を見ていて、火事で親とはぐ…

ああ、分かっちゃいない。ただ、かけてみたのだ。

赤ひげ2第1話「憎しみの果てに」感想 録画していおいた『赤ひげ2』を見ました。 話は、赤ひげこと新出去定の小石川養生所で働く医師の1人、保本登の視点から語られます。 保本がナレーションも兼ねています。 第1話では、足を刺された遊女、およねが小石川…

赤ひげ2

明日11月1日から NHKBSで山本周五郎先生原作の『赤ひげ診療譚』のドラマ化第2シリーズ『赤ひげ2』が放送されます。 この作品で、『俺はあばれはっちゃく』のスタッフ朝妻秀明さんの後輩、皆川智之さんが3話、4話、6話を演出されます。 www4.nhk.or.jp 時間…