柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。国際放映、テレビ朝日とは一切関係がありません。

最終回 永遠に

今日は、春らしい気候でしたね。また、明日、寒くなるようなので、まだ油断が出来ません。体調を崩さないようにお気をつけください。さて、今日、3月8日は、今から36年前の1980年3月8日土曜日に『俺はあばれはっちゃく』の最終回が放送された日です。長太郎と、ヒトミちゃんが河原で別れを惜しみますが、この時に、ヒトミちゃんが河原に咲く花を見つけて「もう、春なのね」といいます。

また、寒さがぶり返してきても、確実に、今日のような気候の春がやってくるのです。春は別れの季節でもありますが、出会いの季節でもあります。『俺はあばれはっちゃく』の最終回は本当に、それまでが楽しかった分、悲しさよりも寂しさが募る最終回でしたが、この別れがあったからこそ、後の2代目、3代目、4代目、5代目の長太郎達との出会いが始まっていったのです。吉田友紀さんが演じた長太郎、早瀬優香子さんが演じたヒトミちゃん達は、ここでお別れをしますが、きっと、私の見えないところで、彼らは生きていて、最終回に約束したように、くじけず、負けず、元気にあばれて一生懸命にいきているんだと思います。

36年経っても、いつまでも、いつまでも、『あばれはっちゃく』という作品を子どもの頃に見ることができたことは、私の中の宝です。今も、私は、この作品が、この作品から始まるシリーズが大好きです。永遠に。大切な宝物です。