柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。

造語

あばれはっちゃく』の意味には、山中恒著『あばれはっちゃく理論社に「はじめに 作者より 「あばれはっちゃく」というのは、手のつけられないあばれものという意味だそうです。知り合いのおばあさんが教えてくれました。そのおばあさんの田舎の方言だそうです」と紹介されています。

以前、『あばれはっちゃく』と『はっちゃける』の語源、言葉の意味を紹介しました。原作に書いてある山中先生の文章と、山中先生の故郷北海道にある言葉を元に推測して書きました。詳しくは過去記事にて。はっちゃける - 柿の葉日記語源 - 柿の葉日記それに対して、『はっちゃける』は『ひらめいた』の意味の造語だという意見を頂きました。確かに、4代目の長太郎は、それまで先代達が使っていた『ひらめけ、ひらめけ、ひらめいた』の代わりに『はっちゃけ、はっちゃけ、はっちゃけた』という言葉を使っていますので、4代目における『はっちゃけ』は『ひらめけ』の意味に値すると思います。

では、なぜ、『ひらめけ』が『はっちゃけ』になったのか。それは、やはり『あばれはっちゃく』から来たのではと思うのです。ドラマの中で長太郎は、『あばれはっちゃく』と呼ばれていましたが、次第に簡略化した『はっちゃく』という呼び方が多くなりました。また、長太郎は元気が有り余っていて、時に無謀なことや、大人たちにとってやっかいなこと、また、張り切りすぎて行き過ぎた行動をすることも多々ありました。そんな長太郎を見ていくと、原作本の『はじめに』にあるように、また、2代目の第28話まで長太郎が説明していたように、『手に終えない暴れん坊』という意味はこういうことかと自然に分かっていきました。

4代目までくると、既にアバンタイトルでの説明がなくても、『あばれはっちゃく』『はっちゃく』という意味が浸透してきた頃でしたし、その中で『ひらめけ』を馴染みが深くなった『あばれはっちゃく』の簡略化の『はっちゃく』から発展して、『はっちゃけ』という言葉を使ったのではないでしょうか。大元の意味は、その基礎になった。北海道の方言の『はっちゃき』『はっきゃちこく』の懸命に頑張るさまだと思います。そもそも、『あばれはっちゃく』でなければ、『ひらめけ』を『はっちゃけ』という『あばれはっちゃく』『はっちゃく』と近い言葉に置き換える必要はないですし、以前にもマンネリ化からの危機感からマイナーチェンジをしてきたことを書きましたが、その一つとして3代目までで聞き馴染んだ『はっちゃく』を『ひらめけ』の代わりに使うことにしたのではないかなって思うのです。微妙な変化(ドラマを見て分かる設定93) - 柿の葉日記

今、ネットを中心に『はっちゃける』という言葉が使われていて、その言葉の意味は、『張り切りすぎて、とんでもないことをする』とか『いらいらを忘れて思う存分はしゃぐこと』とか『はりきること』として紹介されていて、これを2000年代に生まれた言葉として紹介しています。これらの意味と使われ方を見てみると、多少の違いは出てきても、『あばれはっちゃく』を知っているものからすれば、『あばれはっちゃく』が存在していて、また、『はっちゃき』『はっちゃきこく』という方言の意味があっての『はっちゃけ』『はっちゃける』の言葉だと思うのです。4代目の中では、『ひらめけ』の意味も持ち合わせていたと思いますが、それだけでなく、『あばれはっちゃく』からくる大元の意味も含まれていたのではないでしょうか。それまでの『ひらめけ』の中に『一生懸命頑張って、何かアイディアを出さなきゃ』という必死さが入ってきての『ひらめけ』プラス『はっちゃき』『はっちゃきこく』での『はっちゃけ』。となると、やはり指摘どおりの造語なのかな。参考に、4代目『痛快あばれはっちゃく』では転校するヒロインまゆみちゃんに長太郎が「まゆみちゃん!島のやつらに負けんじゃねぇぞ。はっちゃけろよ!ほら、ほら、泣くな、泣くな。笑え、笑え」と言って励ましています。

ちなみに、『はっちゃき』『はっちゃきこく』には揶揄の意味もあるそうです。初代『俺はあばれはっちゃく』第1話で長太郎に父ちゃんが「お前のことを、隣近所の年寄りがなんて呼んでいるのか知っているのかい?」といい、長太郎が「あばれはっちゃく、だろ」と言い返すと「はっ、得意になってら」とあきれます。ここで、ドラマの中でも、あまり褒められた言葉ではない言葉だということと、呼んでいるのが『年寄り』というところから、古い言葉だと推測が出来ますし、原作本で山中先生が書いた文章とも一致します。揶揄の言葉があっても、初代長太郎(2代目の長太郎は第28話まで)はアバンタイトルで「俺はかっこいいと思っているんだ」と言い続けてきましたので、受け取り方次第かもしれません。でも、最近のネットでの言葉の使い方の意味を読んでいくと、本来の揶揄の意味が強くなっているようにも思います。常識を打ち破って、行動を起こす(ついでに問題も起こしてしまう)という長太郎が与えた『あばれはっちゃく』の意味は少なくなってきたかなと感じます。

とにもかくにも、4代目も含め、5人いる長太郎達が作り上げたイメージが言葉のイメージをより強固にしていったのだと思うのです。ここまで、書きましたが、これは、あくまでも私の推測(妄想)にすぎないのをお断りしておきます。

関連記事:はっちゃける - 柿の葉日記語源 - 柿の葉日記微妙な変化(ドラマを見て分かる設定93) - 柿の葉日記