柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。国際放映、テレビ朝日とは一切関係がありません。

36年前

今から36年前の1979年2月3日に『俺はあばれはっちゃく』の放送が始まりました。その日は土曜日。既に36年前の作品になるのですね。その頃に生まれた赤ん坊も、親になっていたり、既に再放送で見た人達もいるかもしれませんが、リアルタイムの頃には生まれていない、もしくは生後何ヶ月かの人達が社会人の大半を占めるだけの年月になっていると思うと時間の流れの早さを実感します。初代の頃の父ちゃんの年齢は36歳から37歳の設定なので(登場人物の年齢・クラス・舞台の町設定(ドラマをみて分かる設定3) - 柿の葉日記を参照)、『俺はあばれはっちゃく』の放送が始まった頃に生まれた子ども達が初代の父ちゃんの年齢になっていたと考えると、ますますその思いは強まります。

また、今年はシリーズ最終作の『逆転あばれはっちゃく』の放送開始、及び終了から数えても30年という一つの区切りの年でもあります。『あばれはっちゃく』が終わってから既に30年の月日が流れてしまったというのも、不思議な感覚で、ついこの間のようにも思いますし、懐かしい過去のようにも感じます。ですが、全シリーズがDVD化されたり、30年の間の中で再放送されていた時期があったり、こうして『あばれはっちゃく』で語れる時間があるという事実を見ていると、放送が終わっても、終わった後にどれだけ時間が流れてリアルタイムで知らない世代が増えても、『あばれはっちゃく』という作品が存在し、心を豊かにしてくれて、楽しさを与えてくれたのだなって思うのです。

関連記事:登場人物の年齢・クラス・舞台の町設定(ドラマをみて分かる設定3) - 柿の葉日記