柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。国際放映、テレビ朝日とは一切関係がありません。

5年近く『あばれはっちゃく』と吉田友紀さんについて書いてきて

私が、『あばれはっちゃく』を見返すようになり、DVDを見て嵌りだしたのは、2009年の事でした。それから、数えて今年で5年になろうとしています。以来、このブログは、『俺はあばれはっちゃく』を中心にして、『あばれはっちゃく』の原作、原作者の山中恒先生の他の作品『ぼくがぼくであること』『おれがあいつであいつがおれで』とそれを映画化した『転校生』、主演の吉田さんが出演した『あばれはっちゃく』以前のドラマ、以後のドラマ、『俺はあばれはっちゃく』に関わった、監督、脚本家、助監督の人達、出演した方々の事を見て、調べて、感じた事、思った事を書き連ねてきました。そこには、原点には全て『吉田友紀さん』が関わった仕事、関わった人がどんなものだろう、どんな人達だろうという、素朴な疑問があり、伝えたい気持ちがありました。

元々が、私の趣味や好きな事、日常出来事、を書いてきたブログで、ブログ名に『あばれはっちゃく』や『吉田友紀さん』の名前もないこのブログは地味で、(『あばれはっちゃく』の事や吉田友紀さんの事を書き始めた当時は、好きな事についての一部に過ぎませんでした。)目立たない存在です。引用の範囲で画像を使っているので画像検索で来て、画像だけを見て去っていく人も多いのですが、一方で、こんな稚拙な文章をちゃんと読んでくれる方達もいて、とても嬉しく思います。私は作品の情報については別として、話の感想や考察に関しては自分が見て感じた事、考えてしまう事、気づいたことを書いているに過ぎないので、もしも、私の感想や考察、気づいた事に対して、それが私の洞察力の深さだと思ってくださる方がいてくれているのだとしたら、それは、それだけの物を作品が持っていて、それを生み出したスタッフ、表現した俳優の方々の表現する力が強いのだと思います。

5年近く書いてきて、私を傷つける目的でコメントを残した方もいました。引用画像を盗用して個人のブログに勝手に使っていた人も見つけてしまいました。書いても何も手応えなく空しい私の一人相撲になってしまっていた時期もあったりしますが、作品や吉田さんを通して、情報を頂いたり、感想や考察を互いにしあったり、温かいコメントを頂ける事もあって、私は地味で稚拙であっても、『あばれはっちゃく』や『吉田友紀さん』やそれに関連した人達の事を書いてきて良かったと思います。私の感想、考察を洞察力が素晴らしいと褒めてくれる人がいて有難いと思いますが、これは、見ている人が自然に感じ取れる事で私もその一人でしかなく、制作している人達が素晴らしいからだという事だけは、常に忘れないようにしたいです。

あばれはっちゃく』は私にとって、5年前から今でも現役の作品ですが、それに関わった人達の中には既に『過去』の作品になっている人もいると思います。それでも、それに関わったのを誇りに感じている人もいて、ファンと制作者という立場だけじゃなく、関わった一人一人に作品に対する位置づけが違うというのがあるんだなって思います。その作品だけのイメージで見られてしまった時代があると、その作品に対して好き、嫌いを超えて、それだけで自分が判断されてしまうのかという恐れが、その作品のファンを遠ざけてしまうのかなって思ったりもします。だから、私は『あばれはっちゃく』以外の吉田友紀さんが出演された作品も、このブログで伝えてきました。だからこそ、それに関心を示してくれた人達がいた事に関して、とても嬉しいのです。私も全ての吉田友紀さんが出演された作品を見てきた訳ではないので、偉そうな事は言えませんが、これからも、『あばれはっちゃく』以前や以後の吉田友紀さんの作品についても、語っていきたいと思っています。

そして、今日は吉田友紀さんの48歳の誕生日です。吉田さん、お誕生日おめでとうございます。

改めて、『あばれはっちゃく』を生み出した山中先生、毎週届けてくれた山際監督、鍛冶プロデューサー、主演の吉田友紀さんを始め、スタッフ、出演者の人達に感謝していきたいです。私にとって、初代のみならず、『あばれはっちゃく』シリーズを生み出した人達は全ての人が神様です。もしも、私が『あばれはっちゃく』に関わった人に出会う事があるのなら、お礼をいうのが精一杯かもしれない……です。

関連記事:柿の葉日記東野さんの思い - 柿の葉日記現在(2014年5月時点)の吉田友紀さん - 柿の葉日記初代と5代目 - 柿の葉日記年男(ドラマを見て分かる設定91) - 柿の葉日記47回目 - 柿の葉日記忘れない - 柿の葉日記分かるといいな - 柿の葉日記見えないところで - 柿の葉日記
吉田友紀さんの誕生日 - 柿の葉日記色褪せない思い出 原点 - 柿の葉日記
『飛び出せ!青春』第20話と『ウルトラマンダイナ』第39話 - 柿の葉日記原作の長太郎 - 柿の葉日記情報屋のタケシ役 - 柿の葉日記あばれなくなったはっちゃく - 柿の葉日記
蝶たちの殺意の明君と教室205号の明君 - 柿の葉日記元気ですか元気でいますか? - 柿の葉日記
大人に認めてもらいたかった子供達 - 柿の葉日記来なかった未来 - 柿の葉日記
ぼくがぼくであること - 柿の葉日記教室205号を見て - 柿の葉日記
5、6歳の吉田友紀さん - 柿の葉日記大好きな吉田友紀さんの45回目の誕生日 - 柿の葉日記
出演したドラマ・時代劇 - 柿の葉日記長太郎は夏と共に - 柿の葉日記
次郎から長太郎まで - 柿の葉日記わが子は他人 - 柿の葉日記
正反対な二人 - 柿の葉日記賛同者求む! - 柿の葉日記
同じ表情 - 柿の葉日記プロマイド - 柿の葉日記
役 - 柿の葉日記友紀 - 柿の葉日記
40年 - 柿の葉日記本人だったのか? - 柿の葉日記
いろんな吉田友紀さんじゃない吉田友紀さん - 柿の葉日記可愛い - 柿の葉日記
教室205号 - 柿の葉日記掛け持ち?降板? - 柿の葉日記
時を超えて - 柿の葉日記何年目? - 柿の葉日記
吉田友紀さんが演じた男の子 - 柿の葉日記目の力 - 柿の葉日記
あばれはっちゃく - 柿の葉日記山際監督の誕生日 - 柿の葉日記
このブログ(ダイアリー)について - 柿の葉日記