柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。国際放映、テレビ朝日とは一切関係がありません。

この機会に

『気まぐれ本格派』が2月24日、『気まぐれ本格派 コンプリートDVD-BOX(10枚組) [DVD] 』として発売されます。今年は『気まぐれ本格派』で主演した石立鉄男さんの生誕70周年なのですが、その一環として石立鉄男さんが出演した過去の名作ドラマが改めて発売されています。『雑居時代』のデジタルリマスターが発売されましたが、『気まぐれ本格派』も発売されるようです。

『気まぐれ本格派』は既にDVD-BOXでBOX1とBOX2が発売されていますが、BOX2の方は現在入手が困難です。私が3年前に購入した時もなかなか手に入れる事が出来ず、中古でやっと購入する事が出来ました。今回は『コンプリートDVD-BOX(10枚組) [DVD] 』で全38話を全て見る事が出来るので、長太郎を演じる前の吉田友紀さんを見てみたい方は是非手に取って頂きたいと思います。

ドラマの内容についてはカテゴリーの『気まぐれ本格派』から私が過去に書き散らした『気まぐれ本格派』についての感想を読んで頂きたいです。(殆ど新ちゃん絡みの内容ですが)人の好みはいろいろとあると思うので一概にいい作品ですとお勧めは出来ませんが個人的には好きな作品です。温かくて優しくて、登場人物は何処か抜けていてとぼけているところはあるんですけれど、みんな明るくて楽しいいい人達のドラマ。ほんのりと心が温かくなるそんなドラマです。『気まぐれ本格派』は『俺はあばれはっちゃく』のDVDの付録にある吉田友紀さんのインタビューを読んでその存在を知り、購入した作品の一つでした。

私がこのブログで『気まぐれ本格派』について書いていても、『俺はあばれはっちゃく』で吉田友紀さんを知ってはいても『気まぐれ本格派』を知っているという方はいませんでした。逆に『気まぐれ本格派』で吉田さんを知っていても、『俺はあばれはっちゃく』の方は知らないという方達もいました。思うに「はっちゃく世代」にとっては『気まぐれ本格派』が放送されていた当時(1977年10月から1978年9月)はもし見ていたとしても幼すぎて記憶にないのかもしれません。(放送時間は夜の8時でした)また、この作品は地上波での再放送が他の石立作品と比べると少なかったというのも聞いた事があります。逆に当時『気まぐれ本格派』を視聴していた方は大人の人達が多く、『俺はあばれはっちゃく』のターゲット層である幼稚園、保育園、小学生児童ではなかったのかもしれません。

故に当時の大人たちの方にとっては『俺はあばれはっちゃく』は見る機会は少なく(またはなく)、しかし、吉田友紀さんの事は新ちゃんとして、また、吉田さんはそれ以前にも木下恵介アワーの「わが子は他人」や「すぐやる一家青春記」のレギュラーや「荒野の素浪人」「大江戸捜査網」など時代劇などにゲスト出演されていたりしたので名前と顔をまた名前まではいかなくてもなんとなく顔は知っていた子役の一人だったと思います。また、『俺はあばれはっちゃく』を見た事がなくても、当時は人気が凄くありましたから、吉田友紀さんのはっちゃくはなんとくは知っていたんじゃないかなと思います。

過去に何度か書いていますが、私は私が知る限りの吉田さんが演じてきた役の中で『気まぐれ本格派』の新ちゃんが一番大好きです。この機会に私の大好きな新ちゃんを見てみたい方は是非、今月24日発売の『気まぐれ本格派 コンプリートDVD-BOX(10枚組) [DVD] 』を手にとって頂きたいなと思います。