柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。

情報屋のタケシ役

現在、日テレ+で「刑事貴族2」が放送されていてるのですが、昨日はその第2話が放送されました。私はこの第2話の放送日をとても楽しみにしていました。理由は単純で、第2話に吉田友紀さんがゲスト出演していたから。(本当に単純な理由)

吉田さんの役は情報屋のタケシ。タケシと本城は昔馴染みな感じで冗談を交えながら会話をしている2人が楽しそうだなと見ていて思いました。本城は殺し屋のアキモトの情報をタケシに調べてもらいます。タケシは恋人と結婚してペンキ屋になるといい、これを最後に裏の仕事から足を洗うとして、本城の頼みを聞きます。タケシが本城に連絡をした時にいなくて代わりに本城の後輩のシゲがゲームセンターにいるタケシに情報を聞きにいくのですが、タケシは最初は本城さんに頼まれたからとシゲに情報を教えません。そして、自分が情報を調べて教えるのは金の為じゃない。金だけの為に命をかけるか?と言い、自分は本城さんを好きだからという理由をシゲに教えます。最初の方でタケシと本城の仲のいいやり取りを見ていると、その理由に納得します。しかし、この時のシゲとのやり取りが原因で情報を流したのがばれて殺し屋に殺されてしまうのです。

この第2話の初回放送が1991年4月19日ですから、吉田さんは24歳。最初吉田さんが登場してきた時、若いなあと思いました。自分が所有しているDVDに出ていて何回も見ている子役時代の吉田さんに比べたら若くはないのに、パッと見た時に「若いなあ」と思ったのです。それにやっぱり上手いなあと。すごく安定していたし、本城とのやり取りを見ていてもその掛け合いは見事だったし。後、ゲームセンターの場面でゲームをしていたタケシを見ていた時に「俺はあばれはっちゃく」第32話で正彦が持ってきたゲーム機で遊んでいた長太郎を思い出しました。

刑事貴族2」にレギュラー出演していたシゲ役の団優太さんは年齢が吉田さんの一つ下の俳優さんでしたが、6年前38歳の若さで飛び降り自殺されていてそれが自分の誕生日の日という事を知って複雑な気持ちになりました。シゲは自分の不注意でタケシを死なせてしまった事に心を痛めていて、第1話でも妹を思い素朴で真面目な好青年でその役が印象的でした。また、昨年同じくレギュラー出演していた吉田友紀さんと同い年のミノル役の田中実さんも自殺されてしまいました。現在、「刑事貴族2」を見ながら、もう、この2人はこの世にいないのだと思うと淋しくなります。この時これからの未来がまだあって楽しみに感じる事が出来るのに、今はもういない。それが淋しいのです。

吉田さんが「電脳警察サイバーコップ」で共演した同い年の塩谷庄吾さんも35歳の若さで飛び降り自殺をしています。なんというか、過去の作品を見る時にその時点ではこれから先にあるであろう未来に期待を見る事が出来ても、過去から見た未来の今の世界でその未来の行く末を知っていると、知っているが故に悲しく感じてしまう時があるのです。

追記:吉田友紀さんは『刑事貴族3』第21話(1992年11月20日放送)にもゲスト出演されています。