柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。

夫婦漫才(ドラマを見て分かる設定81)

以前にも次回予告について取り上げてそこでいろいろと珍しいなと思う次回予告を紹介しました。その後で改めて作品を見ていて、あ、これも面白い次回予告だなと思い、過去記事を読み直した時にその予告が漏れていたので、今回、改めてその面白いと感じた次回予告を紹介します。

その次回予告は第17話を予告する次回予告です。第17話のサブタイトルは「走れ初恋マル秘作戦」このサブタイトルと内容、ブログ記事のタイトルから、そしてこの次回予告を見た事がある方ならある程度予測は出来ていると思うのですが、この第17話を予告する次回予告は長太郎とタマエの掛け合いによるものなのです。

「うち、大阪から来た吉野タマエやねん。ほんま、ええ男やなあ」
「ばっ、馬鹿。冗談言うなよ」
「うち、長太郎君のこと好きになってしもうたわ」
「えー?なんちゅうこと言ううんや?」

「長太郎君、絶交よ」


「ああ、ヒトミちゃんに誤解されるし、男は辛いで。次回『走れ初恋マル秘作戦』おもろいでっせ」

タマエが明るくパキパキ話し恥ずかしげもなく自分の感情を出しているのに対し、長太郎は小声で戸惑い周囲を気にして小さくなっている感じ。そこに映像が切り替わるように第17話の本編のヒトミちゃんの場面と台詞が割り込んできて、長太郎の言葉で締めくくられています。長太郎の言葉がタマエにつられて関西弁になっているのが面白いです。

ヒトミちゃんが出てくるまでにも次回の本編の映像が使われているのですが、ヒトミちゃんの言葉だけが第17話本編から切り取られている形なので、長太郎とタマエの言葉よりも浮いているというか、非現実的な印象を受けます。なんというか、ドラマの内と外というような感じなのです。長太郎とタマエがドラマの外にいて掛け合いをしていて、ヒトミちゃんがドラマの内にいるという感じです。

この次回予告収録はどんな感じだったんでしょうか?多分、長太郎役の吉田さんとタマエ役の秋山さんの2人でアフレコスタジオとかで吹きこんだんだろうなと思うのですが、2人の掛け合いは聞いているとまるで夫婦漫才のようです。何度かやり直しをしたりしたんでしょうか?違うかもしれないけれど、次回予告は第17話を取り終えた後でとっているとしたら、あの話の後なら息も合ったのかなあって思います。長太郎は怒るかもしれないけれど、この次回予告を見ていると長太郎とタマエもなかなかお似合いの2人だったかもしれないと思ったりします。