柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。

トモ

他に書きたい内容があったはずだけど、「電脳警察サイバーコップ」の特典映像を見ていたら、吉田さんの愛称について書きたいと思ったので、今日はこっちを書きます。

吉田友紀さんが島田歌穂さんから「トモ」と呼ばれているということは過去の日記にも書きましたが、先ほど「電脳警察サイバーコップ」のメイキングを見ていると村石監督が吉田さんの事を「トモはこの時、骨折していたんだよね」と話しかけているのを聞きました。それを聞いて、島田さんだけでなく村石監督も吉田さんの事を「トモ」と呼ぶんだと思いました。以前も書きましたが、村石監督と吉田さんの付き合いは意外と長く、吉田さんが子役時代から2人は同じ作品に関わっています。(「鉄人タイガーセブン」「電人ザボーガー」等)2人が古くからその世界に身を置いている為に結果的に長い付き合いになっているだろうと思いますが。

吉田さんは10歳から11歳の時に「すぐやる一家青春記」にレギュラー出演されていますが、この時に演じた役の名前が「智之」で、劇中では「智」「智ちゃん」と呼ばれていました。役を離れて吉田さんの事を「トモ」と呼んでいるのは私が知る限りでは島田さんと村石監督だけですが、それでも「トモ」という共通した愛称で2人が呼んでいる事を知った時に、もしかしたら「すぐやる一家青春記」の時も役を離れていても共演者の方達から「智」もしくは「智ちゃん」と呼ばれていたのかもしれないなと思いました。

また、吉田さんが5歳の時に出演した「飛び出せ!青春」で演じた男の子の名前は「ともひろ」で「智之」と同じように吉田さんの名前と近い役名でした。自分の本名と近い役名で演じる時ってどんな感じなんだろう?特に小さい時は自分の名前に近い方が劇中でも自分が呼ばれている感覚を強く感じたりするのかな。近い役名になったのは単なる偶然だと思いますけどね。そういえば千葉さんが演じた上杉の名前も「智子」で「智」「智ちゃん」の愛称が使えるなと思いました。これも、偶然かな。

吉田友紀さんは共演者の方達から「吉田君」「吉田さん」「友紀さん」「友紀君」「トモ」といろいろな呼ばれ方をされていますが、私は「トモ」という愛称が好きです。私の中ではいつか照れることなく自然に吉田さんの名前を君付けで言ってみたいなというささやかなしかし私にとってはハードルの高い願望があったりします。

関連記事:すぐやる一家青春記感想(智中心) - 柿の葉日記 縁 - 柿の葉日記

俺はあばれはっちゃくに出演した子役達 - 柿の葉日記の記事、第1話に登場した6年生を演じた子役について更新しました。