柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。国際放映、テレビ朝日とは一切関係がありません。

中学生になったばかりの頃?(ドラマを見て分かる設定75)

「俺はあばれはっちゃく」の撮影は1978年の暮れの頃から始まったそうです。(「俺はあばれはっちゃく」DVDBox2 解説書より)また「俺はあばれはっちゃく」第27話では茅ヶ崎浜降祭の風景が出てきますが、調べてみると1979年「俺はあばれはっちゃく」が放送されていた当時、浜降祭が開催されていた日は7月15日だったようです。(2004年から祝日の改正に伴って現在は海の日に開催されています)この事実から、第27話は1979年7月15日に撮影されたものだと判断できます。ちなみに、第27話の初回放送日は1979年8月11日。そこから、推測して放送日の1ヶ月程前に撮影がされていたのではないか?と思われます。

すると、単純に考えて5月放送日分辺りから吉田友紀さんは中学生になっていたんだなという事も分かる訳です。5月初回に放送されたのが第14話の「泳げ鯉のぼり」。この時は小学校を卒業されたばかりか、中学入学直前、もしくは直後だったのではないか?と思います。この前後辺りの話の第12話や第18話で英語が少しばかし話に登場してきますが、吉田さんがこの辺りで中学生になったんだろうな?って見ると面白いなと思いました。

第12話では正彦が中学3年生の英語を勉強していて長太郎と公一で驚いていたり、第18話では長太郎のテストを見て心配したてるほが「ふざけないでよ、5年生の勉強も中学の基礎になるんだから、もっと真剣にやりなさいよ。正彦君は英語の勉強まで始めているって言うじゃない」といった台詞もなんとなく、中学生になったばかりの吉田友紀さんに向けて言っているように見えてきます。てるほの言葉にふざけながら「英語くらい俺だってできるわい」なんて言いながら長太郎は英語で自己紹介をしていましたが、もしかしたら、中学で習いたての英語を吉田さんが使っていたりしたのかなと思ったりするのです。