柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。国際放映、テレビ朝日とは一切関係がありません。

私が好きな吉田友紀さん

「お姉ちゃんが好きなのは小学生の時の吉田友紀さんでしょう?」
妹の言葉に完全に否定できなかった私。確かに私が一番好きな時代の吉田友紀さんは小学生の時と言いきってもいいかもしれない。(だからといって成長した吉田さんが嫌いと言う訳ではないけれど)吉田さんは私にとってテレビの向こう側の人であって身近な人ではなく、ドラマの役を通してしか知らない人。たまにインタビューの記事やウルトラ情報局のような番組に出て話をされているのをみたりすることはあるが、その素顔を知る事は少ない人である。だから、私が好きになる吉田さんはドラマを通して知った役と彼に関する情報から推測される彼の人間性から来ている。特に後者の理由は厄介で困りものだと思う。それは、およそ現実とは相違点が出てくるからだ。下手をすると私は私の理想の中で作り上げた吉田友紀さんが好きなのであって、本当の吉田友紀さんを好きと言う訳ではないのかもしれないという疑念が出てくる。

吉田さんの事をネットで調べていくと、いい噂と言うか、好意的な意見や感情も多数あるが(そちらの方が圧倒的に多いが)中には、酷く悪意的な言葉もある。その悪意のある言葉に納得してしまっているファンの人の書き込みを見た時はショックだった。私は正直、吉田友紀さんに興味を持つ前は子役に対して偏見を持っていた。小さいうちから売れてちやほやされて、いい気になって大人になったら落ちぶれて消えていく…そういうものだと思っていた。しかし、決してそうではないのだと私は考えを改めた。売れていい気になることもあるかもしれないし、自分は出来ると錯覚する事もあるかもしれいが、それは大人でもそうだし珍しい事ではない。子役は仕事に対して真面目だし、子役から役者を続けている人達は続けていく為の努力をしているのだという事が分かると、一概に子役は駄目だと言えなくなったし、そう思っていた自分が恥ずかしく感じた。

吉田さんの事を悪く書いた書き込みは、私が恥ずかしく感じた子役の偏見からくるもので、他の人達もその偏見から、吉田さんもまた「そういう嫌な奴だったんだろうね」という結論に達した書き込みをしていた。私はその「嫌な奴だった」という一言の書き込みよりも、吉田さんが長太郎以前も以後も役者として頑張ってきた実績の方を信じるし、インタビューから窺い知れる謙虚で真面目な受け答えの方を信じる。私の子役に対する偏見を取ったのは吉田友紀さんだった。私が吉田さんに入れ込んでいくのはドラマを見てというのもあるが、そうした書き込みを見た事も大きい。私が吉田友紀さんを好きになる感情はそうした情報とドラマで見る吉田友紀さんが演じた役とが私の中で合わさって出来ている。

関連記事:続けるきっかけ - 柿の葉日記 子供の為のドラマ - 柿の葉日記 矛盾 - 柿の葉日記 賽の河原の石積み - 柿の葉日記 そのままでいて欲しい - 柿の葉日記 本気で打ち込んだ人だけが流せる涙 - 柿の葉日記 時を超えて - 柿の葉日記

更新記事のお知らせ
「俺はあばはっちゃく」第10話に登場した朝比奈じいさんの孫役で出演した越後宏樹さんに関しての情報を更新しました。何気に「東映スパイダーマン」は1970年代から1980年前半に活躍した子役の人達の出演の宝庫ですね。(安藤一人さん、長野昇一さん、吉田友紀さん、三原じゅん子さん等などそうそうなるメンバーがゲスト出演されています。大人になった斎藤浩子さんも出ていて貴重です)俺はあばれはっちゃくに出演した子役達 - 柿の葉日記