柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。国際放映、テレビ朝日とは一切関係がありません。

ヒトミちゃんのやきもち

過去に何度か書いたと思いますが、「俺はあばれはっちゃく」を見ていて毎回疑問に感じるのがヒトミちゃんのやきもち。ヒトミちゃんは長太郎が他の女の子と仲良くしていると必ずやきもちを妬いてました。特に17話と41話。17話のヒトミちゃんの膨れ面はかなりのもので、長太郎も弁明に必死です。

大体、ヒトミちゃんは「長太郎君の事は好きにはならない癖に」と明子達に聞かれて「当たり前でしょ!」と答えていたり、長太郎の夢の内容を聞いて「例え、悪い王子様でも正彦君なら喜んでさらわれていくわ」と言ったり、スケート場で一緒に滑ろうとする長太郎に「私も片手で間に合っているの」といって正彦と滑って行ってしまったりしています。それに、「私がいつ長太郎君と結婚するなんて言った?」「私が長太郎君の女の子ですって!いつから」と怒るのだから、別に長太郎が他の女の子と仲良くしていてもやきもちを妬く必要はないような気がします。

なのにヒトミちゃんはやきもちを妬きます。原作のヒトミちゃんもやきもちを妬きます。原作のヒトミちゃんも長太郎の調子のいい所やずるい所は非難して皮肉を言ったりする事もあるですが、長太郎の事を気に入っていて好きだと公言しているので妬く理由も理解しやすいのです。原作の長太郎がてるほの友人のマユミさんと仲良くしているのを見てヒトミちゃんはやきもちを妬いています。面白いのは原作の長太郎の態度で、原作の長太郎もやはりヒトミちゃんが好きなのですが、やきもちを妬くヒトミちゃんに対する態度がドラマの長太郎と違います。

ドラマの長太郎ならヒトミちゃんの誤解を解く為に何度でも頭を下げて言葉を尽くしたり、手紙で思いを伝えたりして必死になっていましたが、原作の長太郎だとやきもちを妬いて行ってしまったヒトミちゃんの姿を見て一言

「へ、やきもち妬いてら」

ドラマの長太郎もこのくらい余裕が欲しかったけれど、原作と違って基本的にヒトミちゃんが長太郎の事を最初は好きでもなんでもないという態度だったから、原作の長太郎ほどには余裕が持てなかったのだろうなと思います。

ぷけこさんの書き込みの情報から吉田友紀さんが1年以上前に所属事務所を辞めていた事を知りました。薄々感じていた事ではありましたが、とても残念です。ぷけこさん、改めて情報ありがとうございました。