柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。国際放映、テレビ朝日とは一切関係がありません。

体操服(ドラマを見て分かる設定47)

美玉第一小学校の体操服は白が基本。下は男子は白の短パン、もしくは長ズボン。女子は紺のブルマ。上は襟のあるものと丸首、紺の縁取りのVネックの3種類。後の方になると体操服が統一されていくが、第2話ではまだバラバラだという印象があります。第2話では長太郎は緑、公一は臙脂色の体操服を着ていて(他に上着は青の体操服を着ている子も一人いる)いますが、この体操服は第2話だけでそれ以降は着ていません。

第2話だけを見た限りでは冬の用の体操服が緑の体操服なのかな?と思ったりもしましたが、後の第44話や第53話を見ると上下白い長袖の体操服を長太郎は着ていて、クラスメイトも着ているのでそうでもないようです。やはり、美玉第一小学校の体操服は白の体操服で、第2話で長太郎や公一が着ていた体操服はその時限りのものだと言えます。2人が体操服を忘れたのでしょうか?なんとなく、長太郎の緑の体操服は佐々木先生のジャージと色が反転しているだけなので対に見えたりします。

第2話では長太郎は正彦の旋回飛びに対抗してはっちゃく垂直飛びを試みます。この時、長太郎は上着を脱ぎますが、この上着を脱いだ長太郎を見た女生徒が照れて顔を隠しています。初代の長太郎はOPでも本編でもよく上半身裸になる事が多く、その健康的な姿は見慣れたものだったのですが、この女生徒の恥じらいの姿を見るとなんだかドキドキします。

第39話のアバンタイトルでは長太郎とヒトミちゃんが柔道をしてヒトミちゃんの上着がとれてブラジャーをつけた上半身を男の子達に見られてしまいますが、胸を隠すより前に長太郎を平手打ちしてしまうところがヒトミちゃんの気の強さが出ているなと思ったりします。長太郎も叩かれながらも嬉しそうで見ないように目を手で隠しながらも指と指の間の隙間からしっかりと覗いていたりします。

ヒトミちゃんは既にブラジャーをつけていますが、小学高学年の頃は胸が少し膨らみ始めていてもブラジャーをつけるのには抵抗のある年齢で、スポーツブラみたいなフックのない分かりにくいものをつけていたなと自分の時の事を思い出したりしました。ちゃんと体にあった下着をつけるのが一番いいんですけど、この頃はまだ恥ずかしさがあったのです。ヒトミちゃんも気は強いけど恥ずかしかったんじゃないかなと思います。長太郎もしっかりと見ながらも目を手で隠したいたりしたのは恥ずかしいさも少しあったのではないか?と思ったりします。

異性の裸に恥ずかしさを感じるのはいつからだろう?私の場合は小学校2年生くらいの頃だったなぁ。