柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。国際放映、テレビ朝日とは一切関係がありません。

未来

大人になった長太郎ってどんな職業についたんだろう?イメージがわかない。頭の良いてるほだったら学校の先生になってそう。決して演じていた島田さんが、今、大学の先生だからという理由じゃなくて、ドラマを見ていてその延長上で最終回の先を考えた時にそれが浮かぶ。正彦は優秀な会社員で部長以上のクラス。公一は八百屋を継いでそう。恵子ちゃんはお父さんと同じ銀行員の奥さんになってそう。明子と小百合もそれぞれ主婦になってると思う。相手は小学生時代の仲間じゃなくて、中学、高校、大学、社会人のいずれかの時代で出会った人の中で。で、ヒトミちゃんは北海道で知り合った人と結婚しているイメージがある。長太郎だけが未来のイメージが想像出来ない。父ちゃんと同じ大工になるというのも、違う気がする。

と、ここまでが今日の仕事の休憩時間にぼんやりと考えていた事。それから家に帰って来てから、しばらく考えてみた。長太郎が将来何になっているか?その時、思い出したのが佐々木先生も言っていた長太郎の面倒見の良さ。なんだかんだ言って長太郎は自分よりも小さい子の面倒をよく見ていたと思う。第9話のマサミにしても、第32話のマユミちゃんにしても、第36話のアユミにしても、第51話の二郎にしても、最後まで面倒を見ていて最終的には好かれていた。長太郎は意外と小さい子の世話とかするのが向いているのかもしれない。そう考えた時、幼稚園の先生か保父さんの仕事をしているのかな…と思った。

そういえば、「あばれはっちゃく」の原作者の山中先生が理論社に契約解除を申し入れたようです。50年間の信頼を裏切られるというのは、大変残念な事です。
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20101228dde041040026000c.html