柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。国際放映、テレビ朝日とは一切関係がありません。

一番、もてたのは?

「すぐやる一家青春記」の智之、「気まぐれ本格派」の新太、「俺はあばれはっちゃく」の長太郎。3人の中で一番、もてたのは智之。なにしろ、クラスの女の子3人から「お嫁さんになりたい」と言われたくらいだと、本人が自分で自慢してるから。もっとも、以前にも書いたようにこれは智之の言葉からしか分からないし、その3人のお嫁さん候補の女の子達の姿をドラマで見る事は出来ません。

「気まぐれ本格派」の新太こと新ちゃんは、頭が良くて、運動神経も良く、優しくて思いやりのある男の子でしたが、新ちゃんが女の子にもててるという描写は全くありませんでした。本人も「女は嫌い。しつこいもん」と言っていて、女の子には興味がなかった模様。新ちゃんのクラスの中に女の子は映ってましたが、実際に級友として話に絡んできたのは、全て男の子の級友たちで、仲良く手を繋いで登校していたりしてました。実際のところ、新ちゃんみたいな子がクラスにいたら女の子達の間で人気者になると思うのだけど、新ちゃん自体が女の子に関心がなかったのかな?

「俺はあばれはっちゃく」の長太郎は、姉のてるほ曰く「長太郎、そんなんだからいつまでたっても女の子にもてないのよ」と言われているようにクラスの女の子たちにはもてませんでした。でも、第17話に登場したタマエや第41話に登場したノリコちゃん等長太郎を好きなる女の子たちは登場してきました。最終的には長太郎本人が一番大好きなヒトミちゃんにも思われていたんじゃないかな…って思います。(ヒトミちゃんはなかなか手強くて素直ではなかったけれど)本人もヒトミちゃん以外には興味がなく、(一時、ノリコちゃんへ心変わりした事はあったけど)他の女の子には関心がなかったように思います。(前も同じ事を書いてたな時期外れな勝手な妄想 - 柿の葉日記

長太郎を演じていた当時吉田友紀さんは、手紙やチョコレートは段ボール箱でドンといただいていたそうです。(4年前のインタビューでそう答えています)一番、もてていたのは3人を演じていた吉田友紀さんだったのかもしれません。