柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。国際放映、テレビ朝日とは一切関係がありません。

児童ドラマ

私がまだ幼稚園か小学校低学年くらいの頃には児童文学を元にした児童を主人公にした児童ドラマが多く放送されていました。そうした作品の中で今でも心に残っている作品があります。かつて、5年前にもその作品については書いたのですが、この作品、多分、見たのは幼稚園の年長の頃だと思うのですが、今でも映像や話を思い出せるのに、タイトルだけがどうしても思い出せないのです。

この作品の内容を同級生や妹等に聞いても誰も知らず、ネットなどで内容を手掛かりに探してみても一致する作品がありません。雰囲気からして児童ドラマだと思うのですが、もしくは少し不思議な要素が入っているので、NHKなどで放送していた少年ドラマシリーズじゃないかなと思っていた時期もあったのですが、少年ドラマシリーズのファンサイトなどで紹介されているドラマのどれにも当てはまりませんでした。

ビデオもなかった時代、しかも既に30年以上も前に幼稚園の頃にみたドラマ。今となっては本当にあったドラマなのかどうかと疑問に感じてしまいます。でも、私はマーガレットの花を見る度にあの時見た少年と少女のドラマを懐かしく思い出すのです。