柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。国際放映、テレビ朝日とは一切関係がありません。

次回予告

仕事で第1話以来見逃していた「バトルホーク」を見ました。いつの間にか仇である紅鬼大人が倒され、おお、こんなに話が進んでいたのか!とびっくりしました。とりあえず、当面の敵であった紅鬼大人を倒し白虎道士が登場して、また新たな戦いが始まるようです。

久しぶりに見た「妖術師・白虎道士の挑戦」では白虎道士が死んだどくろ鎌の新しい肉体として楯兄弟の知り合いの空手家の体を使うのですが、姿は仲間でありながら中身を敵に変えられるという展開は、子供の頃からいろいろな作品で見ましたが見ているだけでも辛いですね。中身は敵でも体は親しい人本人なのだから、傷つけたくないし。三兄弟の一人大二郎も白虎道士に操られて二人に襲いかかるし、幸い彰吾のゴッドホークの光の反射で正気を取り戻したけれど。

そして、そのまま続けて予告を見ていたら、その予告に吉田友紀さんが出ていました。そうか、ついに次回が吉田友紀さんの出てくる回なのか!とちょっと嬉しくなりました。予告のナレーションを聞くと今回のように吉田さんが演じる少年が操られて楯兄弟の前に立ちふさがるみたいなのですが…やっぱり、同じように切なく感じてしまうのでしょうか…?