柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。国際放映、テレビ朝日とは一切関係がありません。

皆勤賞

「気まぐれ本格派」の新ちゃんが4年生の時に皆勤賞を取れるかもしれないという話があります。この皆勤賞は結局とる事は出来なかったのですが、話の冒頭で皆勤賞がとれるかもしれないという時の新ちゃんは本当に嬉しそうでした。新ちゃんは皆勤賞よりも、中叔父ちゃんが戻ってきてくれる方が嬉しかったのだろうけど、取れなかったのは残念だったな。

私が吉田友紀さんの事を調べていくうちに、小学生時代に吉田さんが自分の学校に転校してきたという人のブログを見つけて読みました。その人のブログによると、吉田さんは週の半分をドラマ撮影で休んでいて、学校に馴染むことなく転校していったそうです。その人の学校に転校してくる前も、転校を繰り返していたといいます。
この人は常識は人それぞれに違っていて様々な代償を払いながらも、芸の道を終生志し役者の道を自ら選んで歩んでいったのは吉田さんの吉田さん自身の常識だったと語ってました。私にはその人の文が吉田さんに対して好意的で、そうした道を歩んでいった吉田さんの生き方に対して敬意を払っているように感じました。

私は次郎や智、新ちゃん、長太郎はよく知っていますが、そして少しは俳優の吉田友紀さんを知ってましたが、この人のブログを読むまで、「鴨志田友紀くん」という小学生を知らなかったので、この人のブログで少しだけそれを知って、ああ、そうだったのかと思いました。

現実の小学生時代には決してとる事が出来なかった皆勤賞。ドラマの中でもとる事は出来ませんでしたが、新ちゃんに皆勤賞をとって欲しかったですね。

参考ブログ様中島たすく ☆(爽パパ) : 2006年05月