柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。国際放映、テレビ朝日とは一切関係がありません。

小さかった

「初代って顔が小さいんだね。頭がモジャモジャのせいで大きく見えるけど」
妹は吉田友紀さんの事を「初代」と呼ぶ。勿論、これは「あばれはっちゃく」の初代長太郎からきている。その妹がチャンネルNECOで「サイバーコップ」を私が見ていた時に、チラッとその画面を見てそう言った。妹の言うように吉田友紀さんは顔が小さい。顔だけではなく背も小さかった。「サイバーコップ」ではオープニングに横並びでメンバーが歩いてくる場面が冒頭にあるが、他のメンバーが背が高いのか、真ん中にいる吉田さんは小さく見える。

「タイガーセブン」の次郎役の時はまだ7歳で本当に小さかった。次郎が玄関から出て来たときに高井戸博士(中条静夫さん)が次郎の身長の高さまでしゃがんだが、この時の立っていた時の高さとしゃがんだ時の高低差が大きくて、次郎の小ささが良く分かる程だった。この場面を見た時、思わず「可愛い」と声をあげてしまった。

ウルトラマンレオ」で桃太郎君を演じたのを「ウルトラ情報局」で紹介してた時、司会の女性に「他にも子役の方がたくさん出てますけど、その中でも一番小さいですね」といわれて「ちっちゃい?ちっちゃいですね…。あんなにちっちゃかったのかなぁ」と答えている。その後司会の方は「あ、でも、小学2年生ならあのくらい小さいですよね」とフォローしていたが、「レオ」にレギュラー出演していた同い年の富永みーなさんと比べても、やっぱり吉田友紀さんは小さかった。この辺りのくだりを見て大橋のぞみちゃんが加藤清史郎君の事を「小さくて可愛い」と言ってそれを聞いた清史郎君が「小さい…」と少しショックを受けて呟いたのを思い出した。

「気まぐれ本格派」で新ちゃんが自転車を買ってもらうのを諦めた時に一貫に「今、どんどん背が伸びているだろ?それが納っててからのほうがいいと思うんだ」というが、この時一貫に「そんな事言ったらお前、高校卒業まで買えないぞ」と言われてしまう。これを聞いて新ちゃんは少し、ムッとした顔をする。「俺はあばれはっちゃく」の時も夏を過ぎる頃には身長が伸びていたが、長太郎はヒトミちゃんより背が低かった。中学、高校の頃になると(長太郎の時も実際は中学生だったが、役の上で中学生や高校生を演じ始めていくと)小さいというイメージはなくなっていくが、やはり吉田友紀さんは小柄で小さいというイメージが強くある。全体的に引き締まっていて小顔で足が長いというイメージ。

去年、見た吉田さんは子役時代から比べると少しふっくらとしていたが、なんだか穏やかで優しそうなイメージを持ったお兄さんという感じだった。この時、42歳だったわけだが、おじさんというよりはお兄さんという印象を先に持った。まだ、若い年だなと思う一方で子役時代を知っていると、もうそんな年なのかと思ったりもする。

と…日記には書いておこう。