柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。

短歌

お別れ短歌

これまでの つくる未来は もう終わり これから先は 消え行く未来(靴カカト)

あ、ある?!

投稿したドラえもん短歌。上半期の入選作に選ばれておらず、僅かな望みを下半期発表にかけてました。上からずっ〜と見てきて残り少なくなってきても自分の短歌が見つからず、「ああ、駄目か」と思った時、「あれ、これ私のだ」という短歌に当たりました。自…

ドラえもん短歌

「猫なのか 耳があっても 厳しいぞ 猫は狸の 未来の世界」(靴カカト) 「かんたん短歌」を知ったのは、NHKのスタジオパークでした。職場での昼休みに見ていて自分でも投稿してみたいと思い、「刑事コロンボ」「サザエさん」「ドラえもん」などの感想短歌を…

ドラえもん短歌

「道中の 景色を削り それ求め 新たに作る 未来の世界」(靴カカト)「ドラえもん」を読んでいると、どこでもドアのように手軽に移動できる道具がある一方で、あまりに短縮化された結果消えてしまった景色や道中の楽しみを求める道具(景色を楽しめるルーム…

ドラえもん短歌

「ドラえもん まずいまずいと 言いながら 後押しちゃって 喜ぶスケベ」 (靴カカト) 最後の二文字を忘れて再投稿してまいました。ごめんなさい。

ドラえもん短歌

「墓の下 会えない君に 会いに行く タイムマシンで 百年前に」(靴カカト)投稿前に妹に見せたところ「墓の下」という言葉が、ちょっと嫌と言われ「今はもう」と置き換えてみたのですが、悩んだ末に最初の「墓の下」のままにしてみました。

懲りない風呂好き

のび太さん どこでもドアで 来るかしら でも入っちゃおう お風呂大好き(靴カカト)ドラえもん短歌という前提がなくても分かるように直した前回と同じ内容の短歌です。

ドラえもん短歌

きっとくる 必ず来るわ あの人は それでも入る 風呂好きだから(靴カカト)枡野先生はじめまして。「靴カカト(くつかかと)」といいます。ドラえもん短歌をきっかけに投稿し始めました。これから、よく投稿すると思います。精進して頑張ります。