柿の葉日記

主にドラマ『あばれはっちゃく』について語る個人ブログです。

その他

遅くなりましたが明けましておめでとうございます

1月も後一週間になって、明けましてもへったくれもありませんが、とりあえず、まだ1月だからセーフという私の勝手な判断で、まだこのダイアリーでの新年のご挨拶をしてませんでしたので、遅ればせながら新年のご挨拶をさせて頂きました。 更新頻度が減って、…

ご報告

プロフィールにも書きましたが、アメーバーを退会しました。一度、スマホから退会したのですが、その後PCの方でログインが出来てましたので、継続してメール等を使っていましたが、アメーバーの方でそのバグを修正されたので、PCからもログインが出来なくな…

このブログ(ダイアリー)について

このブログは、私の趣味の事を好きに書いてきています。今では、『あばれはっちゃく』に関連する記事が多くなりましたが、書きながら常に私の中では、疑問符が出ています。果たして、このブログは、これを読んでいる人の楽しみになっているのか、為になって…

一周年

今日は私の大切な人の誕生日。

閉鎖

アメブロの「柿の葉ブログ」は閉鎖しました。訂正。アメーバIDは削除しましたが、ブログの方は残ってたのを確認しました。しかし、退会したので管理、更新は出来ない状態です。

私のフォロワーさん

今回は私のツイッターのフォロワーさん達について書いてみようかなと思います。 大体、私をフォローして下さる方は大まかに4つのタイプに分類されていると思います。始まりがニッポン放送の『ミューコミプラス』だったので、そのリスナーの方も多いのですが…

一人の人間の多面性

今日は石立鉄男さんの命日。石立さんというとわかめラーメンのCMを思い出す。後は『トミーとマツ』かな。本当に子どもの頃は再放送も含めて石立さんが出演されるドラマが多かったなあ…。今では『気まぐれ本格派』の中叔父ちゃんをすぐに思い出す。これはDVD…

私事

最近、私事の出来た出来ないを書きそびれている事が続いている。ツイッターで書いてしまうからという言い訳は置いといて、今日から復活(さて続くだろうか)今日は勇気を出して少しだけ実行出来た。でも、後、もうちょっとの勇気が欲しいと思った日でした。

純烈を応援している理由

私が純烈を応援する理由は酒井一圭さんがリーダーを務めているから。酒井さんを応援するのは酒井さんが5代目長太郎だったから。酒井さんが5代目と知ったのは『ガオレンジャー』で酒井さんを初めて知ってからで酒井さん主演の『逆転あばれはっちゃく』を見た…

淋しさ

仕事関係でちょっと精神的に辛い事があって今日はツイッターで負の感情を時々吐きだしていました。吐きだした所で何も解決する訳ではないのですが、周囲に出す事の出来ないどうしようもない感情を抱えるほど精神が強くないので、毒を吐きだす事で気持ちの整…

新年

2012年が始まりました。去年は私生活で色々あって落ち込む事も多かった年でした。自分の中で途中で嫌になって投げ出してしまったツケが年末に回ってきて自業自得な所がありました。それで周囲にも何より投げ出す前の自分にも迷惑をかけてしまいました。良い…

長い一年

今年もいろんな事がありました。歳を取ると1年が早く感じるのですが、今年は色々な事があったせいか、まだ、1年が終わっていないのかと感じています。今年はやはり私事ではありますが、父が5月に亡くなったのが今年の最大の出来事でした。その時の日記でめる…

花言葉

この間、家の片づけをしていた時に昔買った「誕生日花言葉辞典」という本が出てきまして、それを処分しようとしたのですが、母と妹から止められて処分を止めて、本を読んでたら花言葉に興味を持ってネットでも花言葉を調べてみたのです。誕生日花は1日に1つ…

男脳女脳診断

というのをやってみました。結果は「中性的女性脳」 あなたは、標準的な女性脳の持ち主ですが、同時に男性的な面も、いくらか持ち合わせています。どちらかと言うと、他人とのふれあいに喜びを感じる方で、洞察力があり、わずかな情報で物事を深く認識する事…

アメブロ登録

なんだかんだでアメブロにも登録をしてみました。って2つ管理出来るのか?いろいろと大変だというのに…。でも、基本的にはこっちが主流なので、アメブロはごくたまに更新する予定です。(あくまで予定)アメブロに登録したのはアメブロを利用されている方(…

少しずつ

まだいろいろと大変なのですが、少しずつ更新を再開していきます。ただ、以前と比較するとかなりのんびりな更新になると思います。ブログを書く事は私にとって心の整理をつける作業のようです。気持ちを落ち着かせる為にその時間を取り戻したいと思います。

更新停止のお知らせ

諸事情により、しばらくの間更新が出来なくなりましたので、更新を停止します。

ぼくがぼくであること

ちょっと前になりますが、本屋で偶然「あばれはっちゃく」の山中恒さんの作品「ぼくがぼくであること」を偶然見つけ購入しました。「ぼくがぼくであること」はずっと探していてもなかなか見つける事が出来なかったのですが、あの時は夏休みの子どもの宿題を…

プレゼント

チャンネルNECOで視聴したからと自分に言い聞かせて買うのをやめていた「電脳警察サイバーコップ」のDVDを自分の誕生日プレゼントとして買ってしまいました。この年齢になると、特に祝ってくれる人もプレゼントを贈ってくれる人もいないので、自分に自分でプ…

思い

石立鉄男さんのファンの方が石立さんが亡くなられた時、石立さんが共演者の間で浮いていなかったかという事を酷く心配されて、でも、山口いづみさんのブログを読んでそれが杞憂だった事を知って安心した事をサイトの中で書かれていました。それを、山口さん…

苦手な食べ物

私は湯豆腐が苦手です。味は嫌いではないのですが、湯豆腐を見たり口にすると焦燥感が湧き上がってきて、寂しく感じてくるのです。特に柚子の香りが加わるとその寂しさは増していきます。お風呂もあんまり熱いお湯につかると孤独感が募ります。これも、冬至…

その姿を見ないでやってくれ

「ルパン三世」で私が好きな話が「私が愛したルパン」です。死んだはずのルパンのかつての恋人が生きていて、その秘密を探ったルパンは彼女が父親の手によって蘇らせられた事を知ります。彼女はルパンを殺そうとした父親からルパンを庇って死んだのですが、…

もう一人の自分

今日は割とどうでもいい話を書きます。私のハンドルネームの由来です。この日記のタイトルは「柿の葉日記」柿の葉が書いている日記だから、「柿の葉日記」とつけました。では、この「柿の葉」はどこからつけてきたのか?というと、私が「柿」が好きだからと…

何気なく

今年、私の近所のショッピングセンターに「逆転あばれはっちゃく」で長太郎を演じた5代目酒井一圭さんが現在リーダーを務める純烈が来ました。私はそのミニコンサート?を見に行きました。最後の握手会の時に、酒井さんの番になった時に酒井さんは両手で握手…

意地っ張り

うちの両親は性格や考え方が全く正反対で、どうしてこの二人が恋愛結婚したのだろう?と不思議な関係でした。葬儀の席でも父の仕事の先輩の方が、「なんで結婚したんだろうね」と不思議がっていましたが、それは娘の私達にも謎でした。占いは百パーセント信…

偶然の一致?

父の遺品の整理をしながら私がまだ生まれていない父の学生時代の写真などを見ながら、伯父や母の説明を聞き、そうだったのかと初めて知る事もあり面白いなと思いながら見ている中で、父の友人の手紙を見つけました。その友人の手紙を読みながら、私が感じた…

癌で入院していた父が亡くなりました。病院から呼び出されてすぐに早退し、そのまま病院に泊まり込んで家族で交代で看ていたのですが、それも空しく死んでしまいました。ある程度、覚悟していた事とはいえ、やはりその死を受け入れるのは嫌で、今でも嫌です…

二人の銀座

山内賢さんは1966年に和泉雅子さんと「二人の銀座」を歌っています。これは、元はお二人が出演した映画「二人の銀座」の主題歌でした。山内さんと和泉さんは日活で二人のコンビでよく映画に出演されていました。ちなみにこの映画「二人の銀座」の監督は「あ…

仲間

買おうと思って売り切れていた「それいけ!カッチン」DVD2の在庫がアマゾンで復活したので、早速購入を決定。吉田さんがうそつき少年役で出ていたよ。とツイッターの方でフォロワーさんから教えてもらってから、買おうかどうかずっと迷っていて、迷っている…

昨日はもう昔だし 明日はまだ先

最近、「なつかしのファミリードラマ主題歌」を買いました。昔、子供の頃にもっていたカセットに入っていた歌。今はもうこのカセットテープはなくて、このカセットとほぼ同じ曲が入っているそのCDを買いました。私が幼稚園の頃から小学校低学年の頃、1970年…

子供の為のドラマ

私が子供頃は「俺はあばれはっちゃく」に代表されるように、特撮でもアニメでもない子供を対象とした30分程度の児童ドラマが沢山放送されていて、私はそうした作品が好きでした。石森先生原作の「がんばれ!ロボコン」や「ペットントン」等を放送していた東…

無事で

今日は休みだったのですが、地震の影響で職場に来れない人の代わりに仕事をしてきました。その人とはなんとか連絡がつき、無事だったので安心したのですが、今回の地震で福島で原子力発電所が壊れ被害があった事を知り心配しています。あの付近は私が卒園し…

明けましておめでとうございます!

今、仕事から帰ってきて「みんなのうた 50周年記念番組」を見ながらブログを書いています。この番組を去年知った時から楽しみにしてました。私はこの番組で一番好きだった「サラマンドラ」をアニメーションつきで、もう一度見られたら…と思っていました。そ…

私の嵌った曲

昨日、出勤前に「お願いランキング」を見ていると同い年のタレントが3人揃い一人ずつ自分が嵌った曲を10曲紹介して、他の二人も嵌ったかどうかという「ストライクミュージック」のコーナーをやっていました。このコーナーは何度かみていましたが、その日は遂…

トラウマ

ドラえもんはドラ焼き、新ちゃんはあんみつ、ポパイにほうれん草とドラマや漫画、アニメに登場する人物にはある特定の好物の食べ物というのがつきものです。そして、アンパンが好物な人物と言えば私が真っ先に思い浮かべるのが「電子戦隊デンジマン」に登場…

駄目もとでリクエスト

チャンネルNECOに駄目もとでリクエストを出してきました。こうしたリクエストを出すというのは私にとっては初めての事で少しドキドキしました。どうも、本名を出して送信するというのは抵抗があるというか、少し怖いのです。しかし、その恐怖を乗り越えて!…

はやぶさの件などを見て思うのだが、時に人は心のない物に自分の心を投影させて擬人化させる。九十九神とかでもそうだが、そうして心のない物に心を見てそれに心を揺さぶられながら、人は時に同じ人に対して心がある事を忘れてしまう事があるように思う。物…

子供の頃の水曜日

私は小学低学年の頃、なぜか水曜日の7時半が近付くと言い知れぬ恐怖心を抱いていました。なんというか、もうすぐ全てが終わって取り残されてしまうという抑えきれない不安感が湧き上がってくるのです。何故かいつも水曜日。水曜日は本当にどういう訳か寂しさ…

楽しかった

昨日はホームドラマチャンネルで午後5時から「奇兵隊」が放送されたのですが見逃してしまいました。ずっと前から見るのを楽しみにしていて、仕事も早く終わって5時には家に帰れたのに放送の事をしっかり忘れていて、本当に馬鹿じゃないかと落ち込んでいます…

子供の頃の思い出

私は生後数日で長野から横浜に引っ越し、4歳の頃まで横浜で過ごした。両親が言うには私の生まれてくる予定日は7月の中旬だったのが8月まで延びてしまい余裕を以って転勤する予定が慌ただしいものになってしまったそうだ。結局、予定が延びたうえに自然分娩で…

もやもや

ちょっと仕事で行き違いや勘違いがあって気持ちが落ち着かず、もやもやしています。私の勘違いによるミスが悪いのですが、それとは別に相手が説明をしてもそれを受け入れず、自分の拘りだけを述べ続けて自分を上に置き、私を下に見ていると感じさせる態度に…

みんなのうた

子供の頃、学校から帰ると夕方に放送されていた「みんなのうた」を見ていました。「みんなのうた」の中で好きだったのが「サラマンドラ」でした。火口の中で独りぼっち蹲っているサラマンドラの絵と寂しげな曲が大好きでした。この歌をもう一度聞きたくて、…

意外と大事にされていたんだなぁ

今、ちょっと厄介な事に巻き込まれてしまって、いろいろと大変なのですが、今回の件で職場の人たちがいろいろと心配をしてくれて、声をかけてくれたり、相談にのってくれたり、励ましてくれたりしてくれました。同僚にとっては他人事なのに、そうして気にか…

「衝動殺人!息子よ」と「さまよう刃」

「衝動殺人!息子よ」は1979年に公開された映画です。この作品は実在の話をモデルにした木下恵介監督の作品です。私が吉田友紀さんの過去の出演作を調べていた時に、この監督の事を知りました。吉田さんは1974年の木下恵介アワーの最終作「わが子は他人」や1…

負けない!

詳しい事は書けないが、私は闘ってる。絶対、負けない今、詳しいことは書けませんが、厄介なことに巻き込まれています。最初は負い目もあり、気持ちも気弱でしたが、今は気をしっかり持たなければと思っています。ネガティブに考えてしまいそうな事件ですが…

60年で一区切り

60を半ばを過ぎた両親は昔よりも、少し子供ぽくなったね、と妹と話していた。怒るとあんなに怖かったのに、今では私や妹の甘える事が多くなった。60歳になると還暦と呼び、十干十二支の生まれ年の干支に戻るという考え方があるが、60歳を一区切りとして人は…

地獄に落ちる夢

今日は怖い夢で目覚めました。私はデパートでエレベーターを待っています。エレベターが来たので、それに乗り込み2階のボタンを押して下へ降りていくのですが、いつまで経っても降りっぱなしで一向に2階に着きません。既にデパートの階層を越えているのに…

児童ドラマ

私がまだ幼稚園か小学校低学年くらいの頃には児童文学を元にした児童を主人公にした児童ドラマが多く放送されていました。そうした作品の中で今でも心に残っている作品があります。かつて、5年前にもその作品については書いたのですが、この作品、多分、見た…

消えゆく仲間

職場の月一回の会議があり、そこで職員の異動の発表がありました。正直、あまり嬉しくありません。私の職場は辞める人が多いのですが、その度に私はとても辛く切なく哀しくなります。今の職場は立ち上げの頃からいました。良く分からないまま試行錯誤を経て…

ケラケラ笑った日

今日はちょっと大変な仕事だったのですが、何故かケラケラと良く笑っていました。なんか、おかしな事を考えたり、聞き間違えたり、言い間違えたり、うっかりミスをしかけたり、なんというか、箸が転がっても可笑しい年頃…でもないけど、本当にお腹が痛くなる…